« 小山登美夫 × 三瀬夏之介 アートトークセミナー | トップページ | 上野のギャラリーめぐり »

2012年7月15日 (日)

群馬県立館林美術館 ○設計○高橋てい一

群馬県立館林美術館 ○設計○高橋てい一  2012年3月探訪

「生誕100年 南佳子 展 鳥が呼ぶ、少女に出会う銅版画の世界」

ずっと行ってみたかった、群馬県立館林美術館に行ってきました。実家がある大宮から車を走らせると近いということで、父・母・仙ちゃんと行ってきましたよ。

「美術館が好き」

と、言うと、「なんの作品が好きなの?」と、言われますが、もちろん好きな作品もたくさんあるのですが、それよりも、私は、美術館空間が好きなのです。その気持ちを改めて再確認させてくれる、素晴らしい美術館でした。広大で、解放的、低層の建物が緑の芝生におおわれた丘に建っていて、そんな空間の中で見る美術作品たち、、、なんとも贅沢な空間です。

「群馬県立美術館」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E9%A4%A8%E6%9E%97%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

ちょっと調べてみたら、3億円かけてコレクションした作品が、作家が禁止していた死後鋳造の作品であることが後から発覚し、6割の作品が展示できない状態だそうです。。。そんなことってあるんですね。

180
181
182
183
184
185
187

フランスの彫刻家「フランソワ・ポンポン」(名前がかわいい)のアトリエを再現した別館。

188
おまけ

帰りに寄った、おばちゃんち。いとこの息子くんの自転車、、曲げすぎでしょ!

190       

|

« 小山登美夫 × 三瀬夏之介 アートトークセミナー | トップページ | 上野のギャラリーめぐり »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小山登美夫 × 三瀬夏之介 アートトークセミナー | トップページ | 上野のギャラリーめぐり »