« GIVE ME FIVE! | トップページ | シンガポールの旅(2012年1月) »

2012年4月 8日 (日)

鳥取の旅(2011年11月)

Dscn3288
大阪での友達の結婚式後に、みんなが京都に行く中、ひとり鳥取へ。。。

あれから約半年か。早いなぁ。でも、あきらめず、記録記録。

鳥取へは、植田正治写真美術館へ行きたかったので、米子へ向かう。
この行き方が正しいか解らないけど、いろいろ調べた結果、以下方法で行きました。

大阪から、スーパーはくとで鳥取へ。途中、明石大橋が見えてひとり感動。

042鳥取で一泊して、次の日砂丘を見てから米子に行くプランも考えたのだけれど、ひとり旅だし、無理しない方向で、鳥取にには泊まらず、鳥取から米子までスーパーまつかぜで向かう。
063

米子駅前のビジネスホテルで、就寝。一人旅は夜がさびしいから、寝るに限る。
次の日、近くに電車の駅がない植田正治写真美術館へどうやって行くか考え、慣れない土地での一人レンタカーは事故にでもあったら嫌だし、タクシー貸切るのも美術館にどれくらい滞在したいか行ってみないとわからないし、、で、探してみたら、米子駅前でレンタサイクルがあるのを見つけ、自転車でゆっくり向かうことにしました。
Dscn3269 しかし、、、行きは、坂道がすごすぎて、もう自転車おりて転がしました。。。しかもほぼ車道。危なかった。
やっとの思いで到着した植田正治写真美術館の記録はこちら。
http://yoshie-shinozaki.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-5c38.html

向かう道では、いろいんな景色が見れて、いま振り返ると、それはそれで楽しかったな。

Dscn3214
Dscn3215
Dscn3216
Dscn3274
Dscn3275
そして、お昼すぎに米子市内に戻ってきて、地図を眺めていたら、「どらやき」?!球場なるものを発見。ドラえもんにゆかりでもあるのかと思いきや、たまたま隣に座ったおじさん の話が聞こえてきたのだけれど、米子で有名な「丸京庵」というお菓子屋さんがあって、そこはどらやき生産世界一で、やり手の若い社長が経営しているそうです。おじさんたちの話によると(聞きすぎ。。。)、どら焼きの自動販売機もあるららしい。
まだまだ知らないすごい会社が世の中にはたくさんあるんだなぁと。今度、どら焼き買ってみよう。
<丸京製菓株式会社>
http://www.marukyo-seika.co.jp/?__utma=1.2121612487.1317479340.1317479340.1333891352.2&__utmb=1.2.10.1333891352&__utmc=1&__utmx=-&__utmz=1.1333891352.2.1.utmcsr=google|utmccn=(organic)|utmcmd=organic|utmctr=(not%20provided)&__utmv=-&__utmk=155969979
080081つづいて、飛行機の時間まで、境港に行ってみようと、きたろう電車に乗るも、境港到着前に、カメラ・携帯(2台とも)の電池切れ~。普段、携帯をそんな見ないので、調子に乗っていたら、一人旅だと、地図とか情報とかいろいろ調べなきゃで、見るのね。一人旅で、携帯使えないってどうなんだろうと思いましたが、なんとかどうにかなって、無事東京に戻れました。よかった。
境港は、水木しげるの生誕の地ということで、水木しげるロードがありました。
不気味だけど、すごい観光客でしたよ。

Dscn3296

はじめての山陰地方の旅。やっぱり、知らない場所に行くのは楽しい。
心残りは、おいしいご飯が食べられなかったこと。そして、鳥取砂丘を見れなかったっこと。次は、おいしいご飯食べて、鳥取砂丘を見に行くぞ!!! 

|

« GIVE ME FIVE! | トップページ | シンガポールの旅(2012年1月) »

旅の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GIVE ME FIVE! | トップページ | シンガポールの旅(2012年1月) »