« 仙台の旅(2012年2月) | トップページ | 日本赤十字所蔵アート展 »

2012年4月15日 (日)

鹿児島の旅(2012年3月)

めずらしく寝れないので、たまっていた旅の記録、最後!鹿児島の旅の記録をまとめちゃいます。
夜は普段の自分より情緒不安定になるのは私だけでしょうか、、、早く夜が明けるといいなぁ

会社の先輩が、約2か月の長期鹿児島出張(ウィークリーマンション住まい)になったので、会社の同期・先輩と遊びに行ってきました。

当初、同期だけで行く予定だったのですが、ひょんなことからお久しぶりな先輩も加わりました。会社で出会う人って、今まで自分が選んできた同じコミュイティではまったくない人もいて、会社が無ければこんな親しくならなかったんだろうなぁと、思うと、おもしろいなぁって思います。
と、言い聞かせ、いまの職場でも頑張ってます。笑 自分と趣味が合う人と付き合うのは簡単なことだけど、そうも言っていられないのが社会で、さらにはそういう人との出会いが人間としての深みを増すきっかけになるんじゃないかと。私が、会社に所属するおもしろさってそこも一つあるかなと思っています。

さて、鹿児島。
最初の2日は、先輩たちと鹿児島市内・桜島をまわり、最後の1日は、同期だけでレンタカーと借り、霧島まで行ってきました。
ご飯、温泉、たくさんおいしかったし、楽しかったのだけれど、何より、7年間一緒に頑張った同期と久しぶりにゆっくっり旅行ができたのが楽しかったです。今回、行けなかった子もいるので、また行けたらいいなぁ。

◆指宿温泉◆
砂風呂やりました。この写真、いじめで埋められている人みたい。。場所によるのか、友達は熱すぎてすぐ出ちゃいましたが、私はじんわりあったかくって、ずっと入っていられました。気持ちよかった-。
「砂むし温泉 砂楽」http://www11.ocn.ne.jp/~saraku/saraku00.htm

P1170205日本最南端の有人駅「山川駅」 。無人も含めた最南端は、その次の「西大山駅」です。って、書くために、ちょっと調べてみたら、沖縄都市モノレール(ゆいレール)を入れると、最南端ではないそうですが、、、まぁこういう認定は認定基準にもよりますよね。
でも、海沿いの素敵な駅でした。たぶんもう一生来ないのでは、って思ったり。
P1170220


◆桜島◆
鹿児島といえば、やっぱり、桜島。めちゃめちゃ噴火しています。鹿児島では、天気予報で必ず「今日の風向き」をやるそうです。桜島の火山灰で、洗濯物は外には干せないとか。過酷だ。

P1170239せっかく来たので、桜島に上陸してみました。15分おきにフェリーが出ていて、鹿児島港から15分くらいだったかな。こちら、桜島大根。でかっ
080 桜島の車は、火山灰でこんなことに、、、。正直、目に火山灰が大量に入ってきて、目を開けるのもやっとの島でした。それでも住んでいる人がいると思うと、その土地に住む。ってどういう理由があるんだろうと考えてみたり。

093
長淵剛が、2004年に桜島で伝説のオールナイトライブをやったそうで、記念の碑みたいなのが建ってました。
091
◆霧島温泉◆
P1170249
行ってみたかった、霧島ホテルに泊まりました。
http://www.kirishima-hotel.jp/
写真の「硫黄谷庭園大浴場」は圧巻。基本混浴(タオル巻いて入るそうです)なのですが、19時から22時までがレディースタイムで女性専用になります。私たちは、21時30分頃行ったからか、この大浴場に誰もいなくて、みんなで泳ぎまくり、満喫。大きいお風呂最高!しかもここの温泉は、この硫黄の温泉のほかにもあと3種類の温泉があった、温泉好きにはたまりませんでした。
坂本龍馬とおりょうさんが、新婚旅行で訪れたことでも有名な温泉です。
P1170253
◆霧島神宮◆
http://www.kirishimajingu.or.jp/index.html
昔は神社仏閣にあまり興味なかったのですが、ここ最近好きです。あの鳥居の荘厳な感じとかかっこいいです。
P1030022

◆明るい農村◆
http://akarui-nouson.jp/
P1030026霧島にある「明るい農村」の蔵元にも行ってきました。素晴らしい自然の中にあって、きれいなお水が流れていて、蔵人や、お店の人も本当に親切で、みんな会うとしっかり挨拶してくれて、素敵な場所で、今回の旅で一番感動した場所かも。
普段、何げなく飲んている焼酎ですが、こうやって作っている人を目の当たりにすると、ありがたく飲まなくちゃいけないなぁと、思いました。がぶがぶ飲んじゃいかんね。
明るい農村は、芋焼酎だけど、すっきり飲みやすくて、おすすめです。
P1030040明るい農村の名前の由来
「よき焼酎は よき土から生まれ よき土は 明るい農村にあり」
なんかすごくシンプルな言葉で、わたくし、感動してしまいました。さらに、明るい農村は「農家の嫁」がつくる。ということで、「農家の嫁」シリーズの焼酎もあります。素敵です。
P1030038◆黒酢の里◆
霧島は、壺で作った黒酢が有名だそうで、その里に行ってきました。ずらっと並ぶ壺は不気味なほど。いろんな黒酢づくりのお店があるようですが、私たちは「阪元のくろず」へ。ここは、ちょっとしたミュージアムや黒酢レストランがありました。
友達の名言「黒酢だけでここまでやるのはすごいよね」
http://www.kurozu.co.jp/
P1170284さざえさんや、美味しんぼの山岡さんも来たみたいです。
123

◆ごはん◆
東京で食べられたり、通販できるものがほとんどですが、鹿児島で食べることに意味があるんです。

・しろくま
熊の顔に見えなかったけど、美味。いちごより、普通の練乳がおいしかったです。
P1020945 ・いちにいさんの とんかつ
とんかつ好きです~。食べると元気が出る。
P1020984

・桜島フェリー内の「やぶ金」 うどん
桜島フェリーの中に入っている立ち食いそばやさんです。先輩曰く、ここのうどんが日本一という人がいるというので、とんかつ食べた後だけど、食べました。
わたしの感想は、もっとコシがほしい!だったのですが、どうやら、九州の人はうどんにコシは求めないとか。私は讃岐うどんの方が好きだなぁ。四国まではコシ重視だったのに、九州になるとふにゃふにゃになるのは何故でしょう。海を超える時にうどんに何があったのか。
069
これで、九州で行ってないのは、長崎と大分のみ!

|

« 仙台の旅(2012年2月) | トップページ | 日本赤十字所蔵アート展 »

旅の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仙台の旅(2012年2月) | トップページ | 日本赤十字所蔵アート展 »