« 南蛮美術の光と影 泰西王候騎馬図屏風の謎 | トップページ | アルプスの画家 セガンティーニ -光と山- »

2012年2月 4日 (土)

誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展

誕生25周年記念 ドラゴンクエスト展 
森アーツセンターギャラリー       2011年12月3日探訪

015_2
おもしろい!って、評判だったので、行ってきました。
行った感想、みんな詳しすぎる。。。。

会期終了間近だったからか、リピーターが多数。
会場内にかかているドラクエの音楽に対して、
「これは、ドラクエ○○の○○の曲ですね」
って、言ったりし合ってて、詳しいなぁって、思いました。

さらに、入口で、「○○の書」っていうのがもらえて、1回目の人は、魔法使いとか武闘家とかの書がもらえるのですが、その暗号を解いていくと、「勇者の証」バッチがもらえるんです。
で、そのバッチを次に持っていくと「勇者の書」がもらえるんですけど、半数が、勇者の書をもらっていました。ということで2回目、、熱い熱すぎる。

わたしはほとんどドラクエやったことないから、何しに来たんじゃいって感じでしたが、おもしろかったです。

016_3 
何がおもしかったかというと、「ゲームクリエーターの人がイメージを伝えたキャラを鳥山明がキャラにしていく過程」と、「ゲームの音源という限られた音の中で感動する音楽を作ったすぎやまこういちさんの偉業」でした。

特に、言われてみればそうなんだけど、昔のファミコンのトゥトゥトゥみたいな限られた音の中で、わたしでも知っているドラクエの曲を作り出したすぎやまさんはすごいなぁって、思いました。

時間がなくて、となりの森美術館でやっていた「メタポリズムの未来都市展」が見れなかったのが悔やまれるけど、行ってよかったです。

そして、この間歩いていたら、今度、ここで、ワンピース展をやることを知りました。
ドラクエ以上の人が集まるのかな?!やりますな、森アーツセンターギャラリー。

|

« 南蛮美術の光と影 泰西王候騎馬図屏風の謎 | トップページ | アルプスの画家 セガンティーニ -光と山- »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南蛮美術の光と影 泰西王候騎馬図屏風の謎 | トップページ | アルプスの画家 セガンティーニ -光と山- »