« 介助犬を知る会 | トップページ | モテキ 映画・DVD »

2012年2月18日 (土)

クライマーズ・ハイ 映画・DVD

71ohgtwzqpl__aa1201_
ずっと気になっていたので、借りて見てみました。

感想、男たちの魂のぶつかり合いがおもしろかったです。

特に、販売局長を演じた皆川猿時(みながわ さるとき)という人のねちっこい演技が、スパイスきかせてて好きでした。最後の方の記者たちと販売局との抗争シーンもおもしろかったです。

皆川猿時
http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp7786


写真を見て、ふっふつう。。。映画では、こんなんじゃなかった。役者さんって改めてすごいなぁ。
そして、ライムスター宇多丸のシネマハスラー聞いて以来、ずっと気になっている「でんでん」も出ていました。

でんでん
http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp9035

でんでんが出ている、埼玉愛犬家殺人事件を題材にした「冷たい熱帯魚」が気になるのですが、見たいような見たくないような。

話ずれました。

話は、御巣鷹山日航ジャンボ墜落事故時の、群馬県地方新聞社を舞台にした話です。

沈まぬ太陽、山崎豊子の原作も読んで映画見たけれど、いまだにこの事故が、実際に起きた事故ということを信じたくない衝動に駆られるほど、悲惨な事故です。
もっと知りたいと思って、クライマーズ・ハイを見てみました。

で、実際見てみて、実は、演技はすごくおもしろかったのですが、映画の話の流れ自体はよくわからない部分もあり、ぜひ原作を読んでみたいと思い、アマゾンぽっちっとしてしまいました。(ちなみに、映画よりNHKでやっていたドラマの方がアマゾンの評価は高かったです。)

よくわからなかった箇所として、
主人公が子どもと空港で別れるシーンの後に、事故が起きて、乗客名簿見ながら子どもからもらった石を眺めるシーンがあって、子どもが乗っていたのか?と、思わせながら、そうじゃなかったり、
現在の山に登るシーンと、事故時のシーンが交互に入り混じったりして、さらによくわからなくなったり。
わたしの理解力がないのかしら。

ということで、原作読むのが楽しみです。

ちなみに、今、一番見たい映画DVDは「阪急電車」。
ゼロの焦点見て以来、中谷美紀が好きすぎます。

|

« 介助犬を知る会 | トップページ | モテキ 映画・DVD »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 介助犬を知る会 | トップページ | モテキ 映画・DVD »