« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

高飛車~フジヤマ~流しますか

P1140927
写真を整理していたら、10月の終わりに、会社の同期と仲良し同業他社さんとで行った富士急ハイランドの写真が出てきました。

高飛車!!富士急の新コースターです。
おもしろかったけど、やっぱりわたしは、フジヤマが好き。

富士山を見ながらのジェットコースター最高だわ~♪

で、なんで、いまさらこのことを書いとこうかと思ったかというと、、、

おもしろい事件を思い出したので、記録

友達の一人が、着いた早々駐車場で、

「バファリンある??」

どうしたんだ?!急な頭痛?!女子ではないわたしはバファリンを持っておらず、ほかの女子が運よく持っていてあげたのだけれど、入口に入った瞬間、具合が絶不調になり、フリーパスポートを買ったのに、とにかく横になりたいとのことで、何も乗らずに医務室へ。

係りのおねぇさんが、

「何に乗って具合が悪くなったんですか?」

と、言うのに対し

「まだ、何も乗ってません。」

本人、具合悪くてかわいそうだったんだけど、医務室のおねぇさんもびっくりな様子を想像するだけで、おもしろかった。。。絶叫系遊園地、そりゃ何かに乗って具合悪くなっちゃったと思うよね。

その後、調子がちょっとよくなり、フジヤマと流しますかに乗った彼。

今度はもっとたくさん乗れるといいね。

| | コメント (0)

チャレンジからの

015
クリスマスのキャンドルアレンジ♪

先生に、今回は生け花みたいのではなく、ブーケっぽくかわいく仕上げたいのだという意思を伝え、教えを乞い、チャレンジしたんだけど、、、なんか、イメージと違う!

難しいなぁ。なかなか納得いくのが作れない。

でも、キャンドルかわいいね。

友達がもうすぐ30歳だから、このぶっとい蝋燭で祝おうなんて、ふざけております。
断固拒否されているけど。
この蝋燭がケーキに刺さっていたら、なんだか呪いだね。

016_2
先輩は、まわりのワイヤーをハートにしてて、さすがラブリー

017_2 こちらは、同期のかな。かわいくまとまっております。

次回こそ、ブーケっぽいのが作れますように。

| | コメント (0)

伸び伸びとした感じからの脱却

066
久々のフラワーアレンジメント。

いつも、生け花みたいになっちゃって、先生に

「伸び伸びしていていいわねー」

って、言っていただくのですが、、

ちょっとそういうのから脱却したい今日この頃です。

かわいいブーケみたいのが作りたいの。

もっと、低いところでまとめればいいのかな。次回、チャレンジ!

| | コメント (0)

royal wedding!!

Royal_wedding

大阪のThe Ritz Carlton での友達の結婚式に参加してきました★
初リッツー♪庶民にはうれしい経験。

結婚式って個性が出るけど、その子は、ほんとミラクルなんだけどセンスがよくって、リッツの深い神聖な感じの青とうまくマッチしてて、さすがでした。

そして、その子がたくさんの人に愛されて、幸せな顔を見るだけで、わたしも本当に幸せな気分になるのよね。結婚式って素晴らしい―★

Dscn3186
これ、お色直しのブーケなんです。素敵な色あい。さすがっす!

Dscn3206 旦那さんの会社や、彼女のおうちが、船関係ということで、テーブルのキャンドルまわり?は、笹船が浮かべられていました。
きっと、ご両親はうれしかっただろうなぁ

お幸せにー

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

クリスマスのおいしいもの

今年のクリスマスは、おうちごはんがたくさんあって楽しかったです♪

まずは、今年赤ちゃんが生まれた同期のおうちのクリスマスツリー★
ニトリで買ったらしいけど、いいねいいね♪大きいクリスマスツリーが家にあるとテンションあがる!!しかも、自分で、ツリーの下のプレゼントをデコレーションしたらしい。すてきー
ちょっとした工夫がよいのだね。
さらに、ここのおうち、旦那さんがシェフで、ご飯が、、、すごすぎました。鴨のオレンジソースとか。レストランだね。ありがとうございました。

023_2

つづきまして、我が家にもたくさん友達や先輩後輩が来てくれたのだけれど、近所のケーキ屋さんで買ったケーキたち。この、黄色いケーキのおじさんサンタが気になりすぎた。あやしい顔。うふふ。かわいいケーキがたくさんあったよ♪
まだ、我が家に呼べてない友達がたくさんいますーみなさまぜひ来てね。
カーテン短いから、ちょっと寒いけど。買えよっていう。

074_2
先輩が買ってきてくれたサンタ帽子を、友達カップルにかぶせてみたり。
お似合いだよ~♪065
道路でサンタの格好しているピザ宅配の方もたくさん見たな。おつかれさまです!!
でも、これ系で一番びっくりしたのが、今日、何気なく見たNHKの将棋番組。
この番組ね、教育テレビで、日曜美術館の後にはじまるんだけど、琴の、ちゃんちゃんちゃららーってめっちゃ渋い音楽で始まる真面目な番組なんだけど、なんと、今日!サンタの格好して将棋講座してたよ。やるね、NHK。

クリスマス限定?東京タワー★
076
最近、東京タワー撮影のべスポジを見つけ、みんなを無理やり連れて行くのに凝ってます。うふふ。寒いけど、みんな感動してくれるよ。たぶん。
東京タワー、やっぱりいつものが一番好きです。

066_2
そして最後に、、
ちょっと早いクリスマス?に、麻布六角というお店に連れてってもらいました。
小さなお店なんだけど、どれもこれも素晴らしい和食。
わたしたち、いつもの流れで好きなものを好きな流れで食べちゃったけど、今度は、おすすめとかお店の人に聞きつつ、通っぽく食べてみたいものです。
料理人さんが近い位置で料理してくれて、本当に丁寧に食材を扱う様子を見ていたら、わたしも料理する時、ひとつひとつの食材に感謝しながら作ろうと思ったのでした。雑だからね。なにはともあれ、連れて行ってくれた方に感謝です。
ブログ見ているみたいなので、こっちからもお礼しておくことにします。たまにはね。

| | コメント (0)

★☆ merry xmas ☆★

039 こういうの嫌がるくせに、トリミングに行ったらこんな写真を撮ってもらって帰ってきました。

相変わらず外面よしおです。

ちなみに、トリミング、、、どこを切ってもらうかというと、このおしりの毛です。
プロに洗ってもらうと、抜け毛の量が本当にちがうのです。すごいなぁ

050
クリスマスプレゼントに、前にカピがくれたお気に入りのおもちゃに似た、おもちゃを発見したので買ってあげました★
気に入ってくれるかな。
噛むと帽子の先っぽが伸びるおもちゃなんだけど、すごい勢いで振り回していたので、切れる日が近いかも、、

047

ペット、かわいいけど、今日、こんな記事を発見しました。
「「抱っこさせたら勝ち」 衝動買いを促すペットショップの事情」
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1633

ペットの売り時は短く、ペットショップでは抱っこさせたら勝ち、悩む人に衝動買いで買わせていく。といったような記事です。
他のサイトでは、いま、動物愛護センターでは、ちょっと前にはやったダックスフンドが連れてこられて後を絶たないという記事も読みました。
種類によるけど、ペットの寿命は15年。
たしかに最近ダックスを見かけるのが少なくなった気がします。
いま流行っているトイプーも、少ししたらどうなるのでしょう。

わたしも、両親が犬の面倒を見ているので、偉そうなことはまったく言えませんが、、
ペットの売り方、買い方、飼い方、見直すべきですね。
きちんとした審査のもと、認められた人しか飼っちゃいけないと思いました。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

プリンセス・トヨトミ

「プリンセス・トヨトミ」 万城目学  文春文庫

51jdddaubl__bo2204203200_pisitbstic

友人がおすすめしていたので、読んでみました。

万城目さんの本をはじめて読みました。おもしろかったので、鹿男あをによし、鴨川ホルモーも読んでみたいな。

ちょうど、江のトヨトミ家滅亡の回をたまたま見たこともあって、400ちょい年前の時代から続く壮大な話はおもしろかったです。建築も好きなので、辰野金吾さんも気になります。
そして、単純なので、大阪が気になってきたーもう一度大阪城見たいし、通天閣のお天気予報も見たくなってきました。

大阪の男たちが、トヨトミの末裔・大切な約束を守るために、疑いなく行動するのですが、その動機がいまんいちしっくりこなかったわたし。男性はしっくりくるのかな。読んだことある男性に聞いてみたいな。

| | コメント (0)

あなたは誰?私はここにいる

「あなたは誰?私はここにいる 」   (集英社新書) [新書]

31tfkxwoerl__bo2204203200_pisitbsti

| | コメント (0)

バイバイ、ブラックバード

「バイバイ、ブラックバード」 伊坂幸太郎 双葉社

31niyn1eril__sl500_aa300_

まだ読んでない伊坂さんの作品の中で、題名の響きが素敵だったので、読んでみました。

優しさ・笑い・残酷さ・最後ほんのり前向きな伊坂ワールドでよい話でしたが、主人公の男性が、そこまで魅力的か「?」でした。

繭美さんという強烈キャラが出てくるのですが、小学校や中学校にひとりはいた、嫌われることを恐れず我が道を行くキャラ。
そんな無茶苦茶な。。。ってこと言うんだけど、たまに、妙に的を得ていたり、人間の心の奥深くをえぐったりする人。たまにいるんですよね、そういう人。
めちゃくちゃな人だったなぁと、思う一方で、正直で美しい人だったなぁと、思い返すのもこのタイプの人。
繭美さんも、最初は嫌気が差すのですが、最後には、美しい人だなぁって思えて好きになってしまうのが不思議でした。

「バイバイ、ブラックバード」は、1926年に作られた古いジャズソングらしいです。

アヒルと鴨のコインロッカーにはまった時も、作品の中に出てくる「風に吹かれて」(ボブ・ディラン) にはまって、ずっとリピートしていたわたくし。今回はどうかな。

最後に、この本の企画がおもしろかったです。

双葉社の企画 「ゆうびん小説」
短編を一つ書き終えるたびに、50名の方たちに送って読んでもらう。
電子書籍などへの反発というよりは、ある日、小説がポストに届いていたら楽しいに違いない、という発想から生まれた企画だったそうです。

| | コメント (0)

白銀ジャック

「白銀ジャック」 東野圭吾 実業之日本社文庫

615nul27hl__bo2204203200_pisitbstic

podcastの週刊ラジオという、本紹介の番組で、この本の最初だけラジオドラマで流してて、まんまとひっかかり読んでみました。

ミステリー本のラジオドラマって、よいですね。ぜったい次が気になっちゃう。

本としては、さらっと読めて、物足りないと言えば物足りないのですが、、、

舞台は、バブルの時に作ったが、いまは経営難のスキー場。

本筋より、そっちが気になってしまいました。
前に行った天王洲アイルといい、バブルの爪痕を考えてしまった。

事業は何年続けば成功なのか、何年先を見据えるべきなのか。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

第7回 銀座 あおぞら DE アート

第7回 銀座 あおぞら DE アート  10月30日探訪
http://aozora-de-art.net/

銀座を拠点にしているギャラリーが、毎年発表を続ける魅力的な若手作家を紹介する展覧会。場所はなんと、、、泰明小学校。

Map なんと、有楽町駅から徒歩5分!こんなところに小学校があったのね。びっくり。
古い小学校みたいで、校舎に蔦が生えていて、なんとも時代を感じる建物でした。

P1140941
P1140942
P1140943
作品は小ぶりの作品が多かったけれど、来年ものぞいてみたいと思いました。

向かいには、大好きなiittalaのお店があった~♪

P1140945

| | コメント (0)

モーリス・ドニ ― いのちの輝き、子どものいる風景

「モーリス・ドニ―いのちの輝き、子どものいる風景」 

損保ジャパン東郷青児美術館 2011年9月23日、10月3日探訪
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/20110201_171321.html

今回のドニ展は、“俗にいうドニの作品”ではないそうで、めずらしくておもしろかったという言う人あり、物足りなかったと言う人ありの展覧会でした。

かくいうわたし、ドニをきちんと把握しながら見たのは初めてで、最初は、独特な白味がかったパステルカラーの色あいがあまり好きではありませんでした。

ドニの日常にあった、家族の絵。たしかに幸せそうでよいのだけれど、いまんいちビビっと来ないなぁ、という印象でした。

056_2でも、この絵「プリウレの台所」を見たとき、なんだかビビっと来てしまったのです。
この写真の子は、お母さんが病弱だったため、一番上のお姉さんに育てられたそうです。暗い廊下からじっとこちらを見る瞳がすごく寂しげだったのが印象的です。さびしかったんだなぁって。なんだかわたし、こういう悲しさとか切なさにビビっときちゃう心持ちなのかも。はは

その後、小学生と一緒に見たとき、好きな絵を聞いてみると、家族の幸せそうな絵を選ぶ子が多かったのが印象的でした。

054 つづいてこちら。「バルコニーの子どもたち、ヴェネツィアにて」
写っているのは、サン・ジョルジョ・マッジョーレです★ヴェネツィアで見たー!!
自分が見たものがこういう形で現れるとなんだか感動します。
ヴェネツィアの思い出がよみがえる、私にとって特別な絵となりました。

展覧会終了後、では、“俗にいうドニの絵”って、どんなのだろう。
ということで調べてみたら、、、こんなサイトを発見。いろんなこと思いつく人がいるなぁ。
名画の複製を作ってくれる会社みたいです。

http://meiga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=821465&csid=0&gclid=CNnBo8zD7awCFQ2DpAodtCjUIg

そして、、“俗にいうドニの絵”。わたし、こっちの方が好きかもです。
今度、実物をゆっくり見てみたいな。

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

まぶしすぎる

これら全部、なんの加工もしてない色たち。
まぶしすぎる!
光のあたり方次第で、色味が違うんだね。
最後のいちょう以外は、ぜんぶ新宿御苑です。
雨上がりの好天で、最高の日でした。
新宿、きらいなところもたくさんある場所だけど、ほんと色んな顔がある街だね。

1323079232634.jpg


1323079248200.jpg


1323079259794.jpg


1323079262144.jpg


1323079263778.jpg

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »