« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月20日 (木)

感動した映像

先日、ディズニーランドに行ったときに教えてもらった動画。
ほんとに感動しちゃって、ジャングルクルーズの待ち時間40分があっという間でした!
漫画読み返そう。スラムダンクって、ほんとすごい漫画だ。

| | コメント (0)

フィレンツェ・ヴェネツィアの旅(2011年8月)-ヴェネツィア編-

フィレンツェ・ヴェネツィアの旅、ヴェネツィア編~

フィレンツェ編「http://yoshie-shinozaki.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-23cb.html

フィレンツェから、ユーロスターで、ヴェネツィアに向かいました。
途中、海が見えてきてドキドキ。ヴェネツィアは、100以上の小さな島、400以上の橋からできていて、車が通れない、まさに海に浮かぶ都市!

Dsc02277

Dsc02275
この景色を見ただけで、まるで絵の中にいるみたいで、感動。
この旅、どれだけ上に登ったんだシリーズ、最後、サン・マルコ広場の大鐘楼。

Dsc02270

いままでの経験上、また、階段か。。。と、思っていたら、なんとエスカレーターで一直線、速攻頂上!さすが観光都市ヴェネツィアです。
ヴェネツィアは、フィレンツェより多少物価が高く、観光都市として完璧に成り立っていました。

つづきまして、ヴェネツィアのシンボル、サン・マルコ寺院へ。絵葉書を写真に撮ったので、変な感じですが、思ったよりふるーい建物でした。なんでも、829年、2人の商人がエジプトのアレキサンドリアからサン・マルコの遺体を盗んでヴェネツィアに持ち帰り、町の守護聖人として祭ったそうです。もともとテオドロという人が守護聖人だったらしいのですが、知名度が低く、キリストに直弟子で知名度があって、品があるサン・マルコを守護聖人にするため盗んできちゃったらしいです。ずいぶんひどい話だ。
110928_23_31_06

つづいて、、ドゥカーレ宮殿へ。ドゥカーレ宮殿は、9世紀の城塞を1309~1442年に改築して建てられた壮麗なゴシック建築で、ヴェネツィア共和国の歴代ドージェ(総督)の政庁兼住居だったそうです。中には、世界最大の油絵があって、どこだろーって、探していて、解らなかったので、警備のお兄さんに聞いてみたら、大興奮で説明してくれた。ありがとう、お兄さん。気持ち、伝わりました。
また、隣接する牢獄との間に、有名な「溜息の橋」があって、そこを通って、牢獄へ。なんともいえない空気。ああいう空気って、写真や映像では伝わらなくて、実際訪れてみないと感じられない空気だな、と、思いました。

溜息の橋から見た外の景色、囚人たちはここを通るときどう思ったんだろうー

Dsc02287
つづきまして~
お友達お母さんオススメ、「Harry's Bar」へ。こちらは、NYにも出店し、成功した富豪チプリアーニ氏が経営する有名なお店です。
こちでは、桃とシャンパンのお酒、☆ベリーニ☆をいただきました。
甘いんだけど、さっぱりしていて、疲れた体に染みわたるーすんばらしい液体でした。なんなんだろう、あのお酒。おいしかったなぁ

Dsc02292_2
調子にのって、次の日も行っちゃいました。バーテンダーかっこいい。名店は、われわれみたいな子供も、レディーとして扱ってくれるんですね。素敵なお店でした。
P1140842
そして、この日は、Vino Vino というワインのお店へ。カプレーセ美味でした。
Dsc02294

この日は日曜日ということもあり、サンマルコ広場にたくさんの人がいて、いろんなカフェで生演奏してました。椅子に座ってここちよい風と、気持ちいい酔い、、、気付いたら2人して一瞬うたた寝!!海外なのに!!
そのくらい心地よい夜だったのでした。


むむ、この動画は2日目だったか。。。まぁいっか。


次の日!
この日は自分で言うのもなんだけど、よく歩いた。
110928_23_17_07
ヴェネツィアは、こんな感じの街なのですが、ぐるーっとひとまわり。
☆の先っぽを目指し、あるく、あるく、あるく、あるく。。。

途中、スーパーでベリーニが安く売っていて、勢いで購入!この後、ベリーニをわが子のようにもって進む。

P1140726
あれっ!ボルチーニ茸も持ってるーおいしいのよね
P1140731
ベリーニと記念撮影。その後、ベリーニとともに、Peggy Guggenheim に行って、現代アート見て、そして、ついに先っぽ到着!
P1140784
先っぽには、安藤忠雄が設計した「Punta della Dogana」がありまして、おもしろい銅像がありました。今回は時間の都合上入らなかったけど、次回は中も見てみたいな。
P1140786
さすがにここまで来ると疲れきり、ぐったりしながら、お昼ご飯を探していたところに、おもしろい木の作品がある、ギャラリー発見!おかげでちょっと元気になりました。これ、全部木なんですよ。すごい!
P1140794
その他にも、無料で入れる現代アートの展示があったり、、、おもしろいパロディーのギャラリーがあったり、いろんな発見があって、本当に楽しかった。

それでもって、この景色!!やりますな、ヴェネツィア。期待以上の街でした。
P1140798
P1140799
帰ってきてから、ヴェネツィアに10年くらい前に行った人に話を聞いてみたら、「昔はもっと薄汚かった気がする。きれいになったのかな。」と、言っておりました。

そうそう、最後にやっぱりゴンドラ乗らなきゃね。ってことで、一緒に乗ってくれる人を探す。というのも、今回、ツアー旅行ではないので、自分たちでゴンドラ乗らなきゃいけなかったのですが、ゴンドラは、MAX6人乗りで、一艘100ユーロくらい。よって、たくさんで乗った方が一人あたりがお安いのです。
フェラーリのお店で声をかけたカップルは、すでに乗船済み。ゴンドラ乗り場では、2組に声をかけるも、撃沈、、、もうあきらめかけ、2人で乗っちゃうか。と、話していたその時に!!声をかけてくれたご夫婦がいて、4人で一緒に乗ることになりました。神様~声をかけてくれたご夫婦に感謝!!

残念ながら、漕いでくれる人はイケ面ではなく、マッシモというおじさん。途中で携帯チェック。こらこら、ちゃんんと前方見てー!と、4人で突っ込み、楽しいゴンドラの旅でした。
P1140817
最後に買い物!ヴェネツィアは、ブランドのお店などもコンパクトにまとまっていて、すごくお買い物しやすかったです。あと、ガラスが有名ですよね。こんな繊細はガラス細工も!
P1140703

お買い物後は、テラス席でごはん。
Dsc02362
ここのお店で、リリーというかわいい犬に出会いました♪んっリリー?!
P1140850
リリーは、この水色の服のおばちゃんの犬で、我々がギャーギャー騒いでたら、向かいに座る娘さんがリリーを触らせてくれて、ちょっと話をしたら、なんでも、この水色ワンピのおばあちゃんは、88歳で、このお店のオーナーだそうです。ワインがぶがぶ飲んで、元気そうなおばあちゃん。そして、おしゃれ!!わたしもこんなおばあちゃんになりたいな。

ごはん後にジェラート。別腹です。ヴェネツィアのシンボル、有翼のライオンのマークがかわいい。
P1140863

弾丸ツアーゆえ、次の日は朝早めに水上タクシーで、ヴェネツィアのマルコポーロ国際空港へ。こんな標識見つけたよ。おもしろい。どういう意味だろう。頭上注意かなぁ。
P1140874
最後に仮面つけてなかった!ということで、空港にて
P1140879
んっちっちゃ!
P1140880

こっちだ!

最後に、空港でもジェラート♪この、Venchiっていう、ジェラートやさん、チョコレートも出してて、それもすごくおいしかった。
P1140885

空港では、こんなおもしろい、プリントも。こんな遊び心がある、ヴェネツィアが大好きになりました。ありがとう、ヴェネツィア

P1140884


おしまい。

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

LION

1318209890570.jpg

ライオンから、犬ケアGoodsが出ているらしい。知りませんでしたー

写真は、まだ、お医者さんでしか買えないオーラルケア商品。
なんでも口臭予防と、歯が白くなるそうです。


気になるお値段は、、、
3000円!
私の歯磨き粉の約10倍ですよー

1318209902742.jpg


使い心地は、まだその効果が現れてないそうです。残念!


この間、60歳くらいの人と話してたら、最近の動物は恵まれてるって話から、
昔は犬なんて、5年くらいで死んでたって言うんですが、ほんとかなー

なにはともあれ、仙さま長生きしてね。

1318209911938.jpg


実家に帰るたびに、
母親の言い間違えがK点超えを記録中。

渡る世間は鬼ばかりの最終回の話しの中で、

『あの子が最後でて来たのよ、なんだっけ、綾戸智絵!じゃなくて、、』

たぶん、上戸彩。

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

広告の品

1318075906235.jpg

広告の品、5万円で購入した仙さま。

見事にわたしの部屋占領。

時代は下克上。

強い者が生き残るのではない、変化に適応したものが生き残る。byダーウィンではなく上司

仙さま、わたしよりこの家に適応しているのだね。

散歩中に見つけたコスモス。
ほっと一息。やっぱりコスモスはこの色がいいね。


1318075920187.jpg

1318075928090.jpg

日当たりも完全に押さえている。


1318075932994.jpg

1318075938843.jpg


もうすぐ四歳!

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

ハンバーガー⑥

ハンバーガー~♪

☆Authentic 赤坂
http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13030795/

赤坂の裏路地にひっそりとある、赤いレンガのお店です。
知らないと通りすぎそうなほどひっそりとあるお店。

ブロッコリーバーガーが有名とのことで、いただきました♪
あとビールもね。おいしいいいい♪
ブロッコリーって、お肉にもチーズにもあうんですね。
019


020_3


☆T.Y.HARBOR BREWING
http://www.tyharborbrewing.co.jp/ty-harbor

ビール好きの友達から、

「ここ、地ビールが飲めておいしくて、よく行くんだけど、ランチにハンバーガーがあるらしいよ!」

と、教えてもらい、ふらっと行ってみました。

天王洲アイル、、、バブルの遺産みたいな場所で、勢いで都市開発してしまったけど、不景気になった今、閑散としていますが、このお店は盛況!
テラス席とか気持ちよさそうだったけど、一緒に行った方が、テラスは暑くてNOとのことで、お店で食べましたー。

まずは地ビール!!酵母を感じましたよ。おいしい。でもでも、ハンバーガーには、普通のビールの方があう気がしました。

で、ハンバーガー♪かなりレアなお肉でしたが、そのお肉が美味!お肉で勝負している感じが素敵でした。
011


013_2

014


☆MOS BURGER CLASSIC
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13006376/dtlrvwlst/2973975/

ずーっと行ってみたかったクラシックモス!!
神楽坂にある、ビールが飲めるモスバーガーです。
プレモルと、神楽坂バーガーを注文!
わさび味なのですが、葱とマッチして、これまたおいしかった。
ハンバーガーには、プレモルあたりをあわせるのが好きですー♪
063_2

065_3

| | コメント (0)

現代アートビジネス

412utscuhl__ss500_


現代アートビジネス 」 小山登美夫 アスキー新書

現代アートが好きなので読んでみました。

一番の収穫は、「@GALLERY TAGBOAT」というサイトを知ったことです。

http://www.tagboat.com/

アートのネット販売です。
こちらは、先日、損保ジャパン東郷青児美術館で見た「タグチアートコレクション」所有者、アートコレクターで、機械部品商社ミスミ元社長の田口弘さんが始めた事業だそうです。

こんなサイトがあったとは!!お金をためて、本物の絵を買いたいと思っていたので、こんなサイトがあるなんて嬉しいです。
絵って相場が不明だったりするので、このサイトで勉強したいな。

そして、作者の小山さんのギャラリーにも行ってみたいと思いました。
Tomio Koyama GALLERY

今まで画廊って入りづらい印象だったのですが、今後は積極的に行ってみようと思いました。

美術先輩が言うには、美術に関わらず、映画、本なんでもそうだけど、わかるようになりたければ、とにかく数を見ること。
そうしていくうちに、つまらない作品にも出会う。
つまらないものを見て、くだらなかったなどと思うことによって、よいものに出会えた時にそのよさがわかるもの。
人からオススメされたものばかり見ず、駄作を見た時の自分が感じた気持ちを大切にすることも大切。
とのことですので、たくさん色んな作品を見ていきたいなー

| | コメント (0)

テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話

Photo

テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話」 鈴木おさむ 朝日新聞出版

「鈴木おさむのラジオで、カリカがあーだ、こーだ。。。」

と、会社で話していたら、親子そろって木村拓哉ファンの友達が、

「お母さんがキムタクの話が書いてあるってくれた」

ということで、貸してもらった本。
(あっ、カリカ 林さんの最後のラジオよかったですよ。みんなの愛がつまってて。泣けましたー)

お母さんオススメのところに付箋が貼ってあり、まんまと見事にそこで号泣。
お母さん、ナイス付箋!

ビジネス書という感じではなく、テレビ業界のおもしろい話をコンパクトにまとめて書いてある読みやすい本でした。

一番好きだった言葉は 「薄皮一枚」。

おもしろい・興ざめ
かわいい・気持ち悪い
気持ちいい・痛い
楽しい・疲れる

この辺りって、ほんと薄皮一枚だな、と思いました。

話をまとめると、最後のところに集約。これ、テレビの話だけじゃなくて、みんなこういう涙をかかえて、頑張って生きているんだなぁと、改めて実感したのでした。

以下、抜粋

高熱が出ても寝ずにカンペ書いたり、
離婚問題の真っ最中に会議に出て、くだらないゲームを考えたり、
歯が折れて唇を縫っても、その日のうちにスタジオに戻って仕事をしたり、
芸人さんにやる気を出させるために、真冬の川を全裸で流れたり、
親が死にそうな時に番組に出て笑いを取ったり、
大切な人が旅立った次の日から、コントを撮ったり、
涙をこらえて、こらえきれなかったら、涙を流して、涙をふいて、涙を隠して、笑顔を作って、テレビを作ってきた人たちを。
みんなテレビが好きだから。
みんなテレビを愛しているから。
笑いの数だけ涙もある。
テレビのなみだ。

ここまで書いて思ったのが、いま、わたしの部屋にはテレビがありません。。。
頑張っているみなさま、すみません。。。

| | コメント (0)

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

51ogllkvbrl__ss400_

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」 野口敏  すばる舎

こういう本はこっそり読んで血や肉にすべきだけど、書かないと忘れそうなので、書いとくことにします。

喋るのが上手だなぁって思う人がいて、その人がおすすめしていた本。

一番、強く書いてあったのは、会話は「思いやり」で、相手の気持ちに寄り添うということでした。

たとえば

「昨日あさ電車に乗り遅れて大変だった」

と言われたら

「わたしもこのあいだ乗り遅れてさ。。。」

と、話してはブブーで、

「それは大変でしたね。会社に遅刻しないかあせりますよね」

などと、言ってあげるのが優しさ。

といったことが書いてありました。

あとは、会話の語尾に「♪」をつけるとか 笑
愚痴はからっと話せば問題ない
知らないネタのときは、「おっ○○ですか!」と共感して、「○○をはじめたら時間を忘れそうですね。」など、気持ちに焦点をあてる

要するに、相手にフォーカスしてあげることが重要なんだと思いました。
作者は、コミュニケーション講座を開いてるらしいのですが、参加者の名簿を事前に確認して、どんな人から思いを馳せたりするそうです。プロフェッショナル。。


周りの人が髪の毛を切ったことくらい気付ける人間になりたい。。。

友人のみなさま、わたしが変な相槌を打ったりしていたら、練習してるんだな。こいつ、と思って暖かく受け入れてください。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »