« LION | トップページ | 感動した映像 »

2011年10月20日 (木)

フィレンツェ・ヴェネツィアの旅(2011年8月)-ヴェネツィア編-

フィレンツェ・ヴェネツィアの旅、ヴェネツィア編~

フィレンツェ編「http://yoshie-shinozaki.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-23cb.html

フィレンツェから、ユーロスターで、ヴェネツィアに向かいました。
途中、海が見えてきてドキドキ。ヴェネツィアは、100以上の小さな島、400以上の橋からできていて、車が通れない、まさに海に浮かぶ都市!

Dsc02277

Dsc02275
この景色を見ただけで、まるで絵の中にいるみたいで、感動。
この旅、どれだけ上に登ったんだシリーズ、最後、サン・マルコ広場の大鐘楼。

Dsc02270

いままでの経験上、また、階段か。。。と、思っていたら、なんとエスカレーターで一直線、速攻頂上!さすが観光都市ヴェネツィアです。
ヴェネツィアは、フィレンツェより多少物価が高く、観光都市として完璧に成り立っていました。

つづきまして、ヴェネツィアのシンボル、サン・マルコ寺院へ。絵葉書を写真に撮ったので、変な感じですが、思ったよりふるーい建物でした。なんでも、829年、2人の商人がエジプトのアレキサンドリアからサン・マルコの遺体を盗んでヴェネツィアに持ち帰り、町の守護聖人として祭ったそうです。もともとテオドロという人が守護聖人だったらしいのですが、知名度が低く、キリストに直弟子で知名度があって、品があるサン・マルコを守護聖人にするため盗んできちゃったらしいです。ずいぶんひどい話だ。
110928_23_31_06

つづいて、、ドゥカーレ宮殿へ。ドゥカーレ宮殿は、9世紀の城塞を1309~1442年に改築して建てられた壮麗なゴシック建築で、ヴェネツィア共和国の歴代ドージェ(総督)の政庁兼住居だったそうです。中には、世界最大の油絵があって、どこだろーって、探していて、解らなかったので、警備のお兄さんに聞いてみたら、大興奮で説明してくれた。ありがとう、お兄さん。気持ち、伝わりました。
また、隣接する牢獄との間に、有名な「溜息の橋」があって、そこを通って、牢獄へ。なんともいえない空気。ああいう空気って、写真や映像では伝わらなくて、実際訪れてみないと感じられない空気だな、と、思いました。

溜息の橋から見た外の景色、囚人たちはここを通るときどう思ったんだろうー

Dsc02287
つづきまして~
お友達お母さんオススメ、「Harry's Bar」へ。こちらは、NYにも出店し、成功した富豪チプリアーニ氏が経営する有名なお店です。
こちでは、桃とシャンパンのお酒、☆ベリーニ☆をいただきました。
甘いんだけど、さっぱりしていて、疲れた体に染みわたるーすんばらしい液体でした。なんなんだろう、あのお酒。おいしかったなぁ

Dsc02292_2
調子にのって、次の日も行っちゃいました。バーテンダーかっこいい。名店は、われわれみたいな子供も、レディーとして扱ってくれるんですね。素敵なお店でした。
P1140842
そして、この日は、Vino Vino というワインのお店へ。カプレーセ美味でした。
Dsc02294

この日は日曜日ということもあり、サンマルコ広場にたくさんの人がいて、いろんなカフェで生演奏してました。椅子に座ってここちよい風と、気持ちいい酔い、、、気付いたら2人して一瞬うたた寝!!海外なのに!!
そのくらい心地よい夜だったのでした。


むむ、この動画は2日目だったか。。。まぁいっか。


次の日!
この日は自分で言うのもなんだけど、よく歩いた。
110928_23_17_07
ヴェネツィアは、こんな感じの街なのですが、ぐるーっとひとまわり。
☆の先っぽを目指し、あるく、あるく、あるく、あるく。。。

途中、スーパーでベリーニが安く売っていて、勢いで購入!この後、ベリーニをわが子のようにもって進む。

P1140726
あれっ!ボルチーニ茸も持ってるーおいしいのよね
P1140731
ベリーニと記念撮影。その後、ベリーニとともに、Peggy Guggenheim に行って、現代アート見て、そして、ついに先っぽ到着!
P1140784
先っぽには、安藤忠雄が設計した「Punta della Dogana」がありまして、おもしろい銅像がありました。今回は時間の都合上入らなかったけど、次回は中も見てみたいな。
P1140786
さすがにここまで来ると疲れきり、ぐったりしながら、お昼ご飯を探していたところに、おもしろい木の作品がある、ギャラリー発見!おかげでちょっと元気になりました。これ、全部木なんですよ。すごい!
P1140794
その他にも、無料で入れる現代アートの展示があったり、、、おもしろいパロディーのギャラリーがあったり、いろんな発見があって、本当に楽しかった。

それでもって、この景色!!やりますな、ヴェネツィア。期待以上の街でした。
P1140798
P1140799
帰ってきてから、ヴェネツィアに10年くらい前に行った人に話を聞いてみたら、「昔はもっと薄汚かった気がする。きれいになったのかな。」と、言っておりました。

そうそう、最後にやっぱりゴンドラ乗らなきゃね。ってことで、一緒に乗ってくれる人を探す。というのも、今回、ツアー旅行ではないので、自分たちでゴンドラ乗らなきゃいけなかったのですが、ゴンドラは、MAX6人乗りで、一艘100ユーロくらい。よって、たくさんで乗った方が一人あたりがお安いのです。
フェラーリのお店で声をかけたカップルは、すでに乗船済み。ゴンドラ乗り場では、2組に声をかけるも、撃沈、、、もうあきらめかけ、2人で乗っちゃうか。と、話していたその時に!!声をかけてくれたご夫婦がいて、4人で一緒に乗ることになりました。神様~声をかけてくれたご夫婦に感謝!!

残念ながら、漕いでくれる人はイケ面ではなく、マッシモというおじさん。途中で携帯チェック。こらこら、ちゃんんと前方見てー!と、4人で突っ込み、楽しいゴンドラの旅でした。
P1140817
最後に買い物!ヴェネツィアは、ブランドのお店などもコンパクトにまとまっていて、すごくお買い物しやすかったです。あと、ガラスが有名ですよね。こんな繊細はガラス細工も!
P1140703

お買い物後は、テラス席でごはん。
Dsc02362
ここのお店で、リリーというかわいい犬に出会いました♪んっリリー?!
P1140850
リリーは、この水色の服のおばちゃんの犬で、我々がギャーギャー騒いでたら、向かいに座る娘さんがリリーを触らせてくれて、ちょっと話をしたら、なんでも、この水色ワンピのおばあちゃんは、88歳で、このお店のオーナーだそうです。ワインがぶがぶ飲んで、元気そうなおばあちゃん。そして、おしゃれ!!わたしもこんなおばあちゃんになりたいな。

ごはん後にジェラート。別腹です。ヴェネツィアのシンボル、有翼のライオンのマークがかわいい。
P1140863

弾丸ツアーゆえ、次の日は朝早めに水上タクシーで、ヴェネツィアのマルコポーロ国際空港へ。こんな標識見つけたよ。おもしろい。どういう意味だろう。頭上注意かなぁ。
P1140874
最後に仮面つけてなかった!ということで、空港にて
P1140879
んっちっちゃ!
P1140880

こっちだ!

最後に、空港でもジェラート♪この、Venchiっていう、ジェラートやさん、チョコレートも出してて、それもすごくおいしかった。
P1140885

空港では、こんなおもしろい、プリントも。こんな遊び心がある、ヴェネツィアが大好きになりました。ありがとう、ヴェネツィア

P1140884


おしまい。

|

« LION | トップページ | 感動した映像 »

旅の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LION | トップページ | 感動した映像 »