« ハンバーガー⑤ | トップページ | AQUA COLLAGEN SOLUTION MARINE HYDRO GEL MASK »

2011年7月10日 (日)

不滅のシンボル 鳳凰と獅子/サントリー美術館

「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」 サントリー美術館 2011年7月探訪

http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol03/index.html

○設計○隈 研吾

開館50周年記念ということで、サントリーの力の入った展覧会でした。

もともと、わたしは、京都の平等院鳳凰堂が大好きなのです。ふふふ
鳳凰、かっこいいです★
あっ、でも意外と鳥嫌いな人って多いですよね。小さい頃、インコを飼っていたので、鳥に対する嫌悪感は持ったことがなかった私ですが、「鳥きらい」って人、意外といるんだな、と、最近よく思います。

016

それはさておき!

以下、展覧会パンフレットより

「日本の文化史において、鳳凰と獅子は、特別な存在です。鳳凰は、優れた天子が世に現れる兆しとして、古代中国で生み出された空想の鳥であり、対する獅子は、日本に棲息しないライオンを原型とし、やはり中国から唐獅子という半ば空想上の動物として伝わりました。いずれも宗教・儀礼や民俗・芸能に広く深く取り込まれ、それぞれ祝儀にふさわしい高貴なシンボルとして、繰り返し絵画や工芸の意匠となってきました。鳳凰と獅子の多岐にわたる造形表現は、日本文化全般におけるハレの場合と、常に密接に関わりあいながら、その不滅の生命を今に伝えると言えるでしょう。
この展覧会では、鳳凰と獅子という瑞鳥、霊獣のイメージの展開に着目します。古代中国の遺品から、日本の古代から中世へ受け継がれた仏画や彫刻、さらには近世、近代における屏風や陶磁器、染織にいたるまで、各時代を代表する鳳凰と獅子が一堂に集結します。「桐に鳳凰」、「唐獅子に牡丹」の華麗な取り合わせを中心に、高貴な姿の鳳凰や威厳あふれる獅子の変遷を、屈指の名品によってたどりながら、人々が鳳凰や獅子に託した祈りや、豊かな空想のはばたきを感じていただければ幸いです。」

鳳凰、優れた天子が世に現れる兆しですよ、なんとも神秘的。手塚治の火の鳥もそうですねぇ。なんだかこの混沌とした時代だからこそか、不思議な魅力が倍増している気がします。

あと、獅子!一番おもしろかったのが、「獅子の児おとし」。獅子は子供を崖から落として、登ってきた子供だけを育てるという絵です。
むかし、らんま1/2でもこの話出てきて、動物は過酷だ、、、と、子供ながらに思ったのを思い出しまして、改めて、この絵を見ておもしろいなぁって思いました。
児を崖から落とすって。すごい発想。

そして宗教画?って、突っ込みどころ満載でおもしろいんです。
「仏涅槃図」の注釈に、ブッタの死を悲しむ獅子。って、書いてあるんですけど、その獅子が、まったく悲しんでるように見えないんですよね。むしろちょっと喜んでいるように私には見える。

あと、狛犬の展示もたくさんあって、犬好きとしてはたまりませんでした。
自家製シーサー作ってみたい。

といった感じで、もう一回行きたいくらい楽しい展覧会でした。

024

ところで、サントリーの美術品収集について昔から興味があったので、ちょっと調べてみました。

霊獣といえば、かたや麒麟。(その他、鳳凰・亀・龍で四霊)
鳳凰収集は、完全にビールのトップ争い意識。サントリーのサン(太陽)とかけてもいるらしいです。

サントリーは創業者、鳥井信治郎のいう「利益三分主義」で、利益の3分の1をお客様へ、3分の1を社会貢献に、という経営理念があり、その社会貢献のひとつとして、美術事業があります。
(ちょっと余談ですが、ずっと行ってみたかった、大阪のサントリーミュージアム「天保山」が2010年12月26日で閉館してしまいました。やっぱり、行きたいと思った時に行かないとダメだ。無念。)

で、この美術品のコレクションは、大阪の寿不動産という従業員数名の会社が保有していると考えられています。寿不動産の所蔵美術品は121億円。

この寿不動産、2010年2月に破談した麒麟とサントリーの経営統合に深く影響したといわれている、サントリーの発行済み株式のうち、約90%を保有している会社です。

サントリーは上場していない、オーナー会社です。

経営統合の話し合いでも、麒麟は、ずっとサントリーに対して、透明性を訴えていたとか。上場企業とオーナー企業の統合は難しかったらしいです。

ふと思う、そもそも上場するメリットってなんなんだろう。誰か教えてー
富士火災も7月29日付けで上場廃止。

まぁ、次の機会にいろいろ調べてみることとして、文化・芸術って、非上場に向いてる分野だと思いました。

芸術って、短期的な成果が出ずらいので、優れた芸術家の影には、よく巨大なパトロンがいるものです。

★サービスエリアにいた、ツバメの雛 鳥かわいい★

030

031

|

« ハンバーガー⑤ | トップページ | AQUA COLLAGEN SOLUTION MARINE HYDRO GEL MASK »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンバーガー⑤ | トップページ | AQUA COLLAGEN SOLUTION MARINE HYDRO GEL MASK »