« 文系ビジネスマンでもわかる 数字力の教科書 | トップページ | 細く長く »

2011年5月15日 (日)

経理以外の人のための 日本一やさしくて使える会計の本

「経理以外の人のための 日本一やさしくて使える会計の本」 著:久保憂希也41pi84hbkil__bo2204203200_pisitbsti

もうひとつ久保さんの本。まとめ読み。

こちらは数字力の教科書より、会計よりに書かれた本。

こちらもすごく読みやすいです。

インテリア雑貨のハジメ君が登場するストリーも盛り込まれています。
ハジメ君と自分を重ねる人も少なくないはず。

この本を読んで、改めて商売とはなんぞやと考えました。
売上からたくさんの物が引かれている現実。会社が大きくなればなるほど従業員は鈍る感覚ではないかと。。

以下、引用

・粗利
営業利益のこと。売り上げより営業利益が大切。

・利益は以下のとおり
①売上総利益(粗利)=売上高-売上原価
②営業利益=粗利-販売費及び一般管理費
③経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
④税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失
⑤当期純利益=税引前当期純利益-法人税

・もらうのは早く、支払うのは遅く
売掛金の回収サイト:30日
買掛金の支払サイト:90日

・キャッシュがなければ黒字倒産も

|

« 文系ビジネスマンでもわかる 数字力の教科書 | トップページ | 細く長く »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文系ビジネスマンでもわかる 数字力の教科書 | トップページ | 細く長く »