« キャリー大好き | トップページ | 「あれっ?このおじさん達見たことある!そうです!下の方でFes2011 テッテレー♪」 »

2011年4月21日 (木)

三菱一号館美術館 ヴィジェ・ルブラン展

三菱一号館美術館 2011年3月探訪

「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展 ~華麗なる宮廷を描いた女性画家たち」

http://mimt.jp/

ずーっと行ってみたかった三菱一号館美術館。

ようやく行ってきました!あの界隈大好き♪
丸の内ブリックスクエア♪
http://www.marunouchi.com/brick/

017

022 展覧会は、

「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展 ~華麗なる宮廷を描いた女性画家たち」

以前、損保ジャパンの自画像展でヴィジェ・ルブランの自画像を見て、ほんと綺麗で楽しみにしていた展覧会。
http://yoshie-shinozaki.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/1664-2010-d1a6.html

019

古い絵ってやっぱりそれだけの歴史が刻まれているから見ていておもしろい。
見ているだけで、あのベルバラの世界が広がる。
1789年フランス革命、世界史で一番覚えやすい年号。いまからちょうど222年前。
すごいなーそう考えただけでもワクワクしちゃう。

いろいろな作品があったけど、ヴィジェ・ルブランの絵が一番好きでした。あの透明感を絵の具で出すのはどうやって書くのかしら。素敵です。

あと気になったのは、ストロガノフ伯爵の絵で伯爵が右手を服の中に突っ込んでるポーズがあったのですが、あれは何か意味があるのかしら。。。

あとあと、ナポレオン一世の胸像を手にしたマリー・レチチア・ミュラが、剣玉みたいのを持っていた。約200年前のフランスにも剣玉があったのかな。。。

全体的にスペースは狭かったけれど、雰囲気の素敵な美術館でした。
さらに、ミュージアムショップには世界の色々な雑貨があって楽しかった。

次の展覧会も、「もてなす悦び_ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会」
うーん、女子心(わたしに極端に足りないもの)をくすぐります。楽しみ♪

それにしても、三菱の財力を見せ付けられました。。。
すごいな岩崎弥太郎

021

023

それにしても、原発の影響で海外からの絵の貸し出しが滞り、たくさんの展覧会が中止または延期となっています。

楽しみにしていた展覧会が中止になるのは本当に残念だし、一生懸命準備してきた人たちのことを考えると心が痛む。

|

« キャリー大好き | トップページ | 「あれっ?このおじさん達見たことある!そうです!下の方でFes2011 テッテレー♪」 »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャリー大好き | トップページ | 「あれっ?このおじさん達見たことある!そうです!下の方でFes2011 テッテレー♪」 »