« 闇の子供たち | トップページ | 終末のフール »

2011年4月19日 (火)

月曜美術館

「月曜美術館」 小口弘史 祥伝社

41t55wufrl__sl500_aa300_

損保ジャパン東郷青児美術館では、2008年から、月曜日の休館日に主に新宿区の小中学生を対象に鑑賞会を行っています。

構想自体は2007年からで、その4年間の取り組みを館長の小口さんがまとめた本です。

たまたま色んな縁があって、僭越ながらわたしもこの活動をちょっとだけお手伝いしています。

美術、教育、新規事業立ち上げ、ボランティア、CSRなど様々な視点からおもしろい内容になっています。

何か物事を始める時は、正確な数値とデータを十分に集めて、たくさんの人と意見交換をすること、そして熱い情熱を持つことが大切なんだと改めて感じさせてくれた1冊でした。

|

« 闇の子供たち | トップページ | 終末のフール »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

偶然にブログ拝見しました。ありがとうございます。
一つの事業を起こせただけでも幸せなことですが、苦労して著書出版にこぎつけると、そこには計り知れない喜びがあることが分かりました。この一ヶ月半ほど、様々な感動を味わい、まだ続いています。今日のヨシエさんのブログもそうでした。
心より感謝申し上げます。

投稿: 月曜美術館長 | 2011年5月10日 (火) 20時11分

館長!!
こんなブログにコメントを書いていただき、ありがとうございます。嬉しいです。
最近、仕事の進め方に悩むときに、館長の仕事の進め方を思い出したりします。尊敬しています。
館長がかわってしまうのは悲しいですが、これからもどうぞよろしくお願いします(^^)
本当にお疲れ様でした!

投稿: よしえ | 2011年5月10日 (火) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闇の子供たち | トップページ | 終末のフール »