« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月21日 (木)

三菱一号館美術館 ヴィジェ・ルブラン展

三菱一号館美術館 2011年3月探訪

「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展 ~華麗なる宮廷を描いた女性画家たち」

http://mimt.jp/

ずーっと行ってみたかった三菱一号館美術館。

ようやく行ってきました!あの界隈大好き♪
丸の内ブリックスクエア♪
http://www.marunouchi.com/brick/

017

022 展覧会は、

「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展 ~華麗なる宮廷を描いた女性画家たち」

以前、損保ジャパンの自画像展でヴィジェ・ルブランの自画像を見て、ほんと綺麗で楽しみにしていた展覧会。
http://yoshie-shinozaki.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/1664-2010-d1a6.html

019

古い絵ってやっぱりそれだけの歴史が刻まれているから見ていておもしろい。
見ているだけで、あのベルバラの世界が広がる。
1789年フランス革命、世界史で一番覚えやすい年号。いまからちょうど222年前。
すごいなーそう考えただけでもワクワクしちゃう。

いろいろな作品があったけど、ヴィジェ・ルブランの絵が一番好きでした。あの透明感を絵の具で出すのはどうやって書くのかしら。素敵です。

あと気になったのは、ストロガノフ伯爵の絵で伯爵が右手を服の中に突っ込んでるポーズがあったのですが、あれは何か意味があるのかしら。。。

あとあと、ナポレオン一世の胸像を手にしたマリー・レチチア・ミュラが、剣玉みたいのを持っていた。約200年前のフランスにも剣玉があったのかな。。。

全体的にスペースは狭かったけれど、雰囲気の素敵な美術館でした。
さらに、ミュージアムショップには世界の色々な雑貨があって楽しかった。

次の展覧会も、「もてなす悦び_ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会」
うーん、女子心(わたしに極端に足りないもの)をくすぐります。楽しみ♪

それにしても、三菱の財力を見せ付けられました。。。
すごいな岩崎弥太郎

021

023

それにしても、原発の影響で海外からの絵の貸し出しが滞り、たくさんの展覧会が中止または延期となっています。

楽しみにしていた展覧会が中止になるのは本当に残念だし、一生懸命準備してきた人たちのことを考えると心が痛む。

| | コメント (0)

2011年4月20日 (水)

キャリー大好き

映画、DVDの動画を見るまで、サラ・ジェシカ・パーカーの魅力がまったくわからなかったのだけれど、見れば見るほど大好きに♪

表情がほんとかわいい。

そしておしゃれ

キャリー大好き♪

いまさら?笑

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

今日が人生最後の日だとしたら 仙ちゃんは?

いつも通り過ごすんだろうな。

そう思うと、仙ちゃんの方が私より毎日充実しているのかもしれない

P1140119

| | コメント (0)

終末のフール

「終末のフール」 伊坂幸太郎  集英社文庫

5177ckt5srl__sl500_aa300_

仙台に思いを馳せつつ読み返してみた。

8年後に小惑星が地球に衝突し、地球が滅亡すると発表があってから5年が過ぎた話。

舞台は仙台北部。

地球滅亡発表当初はいろいろなガセネタが飛び交ったり、治安も乱れたが、残り3年となった世界は落ち着いている。

先を見据えて生きる。だれでも寿命はあるわけなので、同じ立場のはずなのに、いかに人はそれを意識せずに日常を送っているのかがよくわかる。

「今日が人生最後の日だったら、どうやって過ごしますか?」

担当の美容師さんに、地震の話からそう言われて色々考えた。

| | コメント (0)

月曜美術館

「月曜美術館」 小口弘史 祥伝社

41t55wufrl__sl500_aa300_

損保ジャパン東郷青児美術館では、2008年から、月曜日の休館日に主に新宿区の小中学生を対象に鑑賞会を行っています。

構想自体は2007年からで、その4年間の取り組みを館長の小口さんがまとめた本です。

たまたま色んな縁があって、僭越ながらわたしもこの活動をちょっとだけお手伝いしています。

美術、教育、新規事業立ち上げ、ボランティア、CSRなど様々な視点からおもしろい内容になっています。

何か物事を始める時は、正確な数値とデータを十分に集めて、たくさんの人と意見交換をすること、そして熱い情熱を持つことが大切なんだと改めて感じさせてくれた1冊でした。

| | コメント (2)

闇の子供たち

「闇の子供たち」 梁 石日 幻冬舎

413j1w3vkql__sl500_aa300_

5年くらい前に読んで、話が重すぎて一度読んで蓋をしていた作品。

タイの幼児売春の話。

タイから帰ってきて、読み返しはしなかったけど、思い返してみた。

この本はノンフィクションではなく、あくまでも小説だけれど、こういう現実はあるわけなので、タイの魅力を感じたからこそ、思い出して書き留めておきたいと思った本。

| | コメント (0)

週末バンコク!

「週末バンコク!」 吉田友和 平凡社

41rhmedixul__bo2204203200_pisitbsti

タイに行くために買ってみた本。

自分はタフな方だと思っていたけど、上には上がいた。。。

会社員をしながら、2泊3日(3日目は早朝成田着、そのまま会社)の弾丸タイ旅行の指南書。

内容もさることながら、作者の経歴が素敵だなーって思った。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)吉田 友和
会社員として働く傍ら、国内外問わず年間数十回の旅行に出かける、「旅するサラリーマン」。1976年千葉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。都内出版社で勤務ののち、結婚を機に妻と出かけた607日間の世界一周旅行後に職場復帰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚を機に世界一周旅行ってすごくあこがれる。

さらに「旅するサラリーマン」って肩書きもすごくよい。

二方向に伸びている人にあこがれる。

そんな隠し玉を持ってたの?!って人にドキっとする。

| | コメント (0)

幸せな結婚式

ほんっとうに新婦が幸せそうで、よかった。

結婚式はよいですなー

同じ人間なのに置かれた環境によって、あんなすごいオーラが出せる結婚式マジック。

みんなが毎日結婚式気分なら、世界はまぶしすぎて何も見えなくなるんだろうな。

なにはともあれおめでとう!!!

Dscn2629

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

栗城くん講演会(2011年2月26日)

少し前の話ですが、後輩ちゃんからお誘いいただき、栗城くんの講演会に行ってきました!

忘れないようにメモ。

私が一番印象的だったのは、

「苦しみに感謝」

という言葉。

感謝できますかね、、、なかなかできないですよね。

でも苦しみは逃げれば追いかけてくる。ならば、感謝して受け止める。

栗城くんについては色んな意見があると思うけど、生で会ってみたら本当に素敵な好青年でした。百聞は一見にしかずです。

本を買ってないわたしにまでサインしてくれたし。。
震災の影響でスポンサー集めも大変だと思いますが、自分の信じる道で頑張ってほしいです。
056

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

名古屋の旅(2011年4月)

名古屋初上陸!

目的は、、、

4月2日(土)の、巨人 対 中日 の慈善試合を見るためです。
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20110402-OHT1T00257.htm

ただちょっと名古屋に行ってみたかったというのも理由のひとつですが♪

035 初「金シャチ!!」
当日はお天気もよく、桜も咲き始めていて気持ちよかったです。
杉やらヒノキ先生の洗礼を受けつつも、なんとかシャチホコ堪能しました。

明治神宮でおなじみの加藤清正が、天守台石垣を築いたらしいです。手広いっすね、清正さん。

039
次に、メインの野球!

犬に「仙」とかつけときつつ、ナゴヤドーム初上陸なうえに、意外と野球を知らない自分を反省。すみません。。。
今回学んだこと。
・メンバーの上に表示されている数字は、ポジションを現す。
・送りバントなどのファールの基準
巨人の沢村くんを見れたのもよかったのですが、公式戦じゃなかったので色んな選手が出てきておもしろかったー
特に、中日にの荒木・井端の二遊間、松本のセンターの守備範囲、ラミちゃんのファンサービスがよかったです。

いまさらなのかもですが、荒木すごかった!単純な自分が泣けてくるけれど、かっこよかったのです。

しかし、たまに球場画面に出てくる「がんばろう!日本」がダサすぎた。。白地に黒文字のみ。。もっとかっこよくしてほしかった。
047

最後に、ご飯は楽しみにしていた「ひつまぶし」
「まるや 本店」に
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23004983/
うなぎの表面が少しカリカリしてて、すごくおいしかったぁ
ここにきて、それっ?!って、感じですが、うなぎのタレ、大好きです。
そして、ひつまぶしを考えた人すごい!
あれは、4回楽しめる。
1.ご飯とうなぎをいただく
2.薬味をのせていただく
3.お茶漬けにしていただく
4.自分が一番気に入った食べ方でいただく
私の場合、やっぱりお茶漬けかなぁ

051

今回時間がなくて行けなかったけれど、次に行ってみたい場所。

★愛知県立美術館
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
やはり、県立美術館は押さえておきたい。

★犬山城
http://inuyama-castle.jp/
担当の美容師さんが城マニアで、やたらイイ!って言うもんで。
調べてみたら、天守は現存する日本最古の様式で、国宝らしい。これは行くしかない。

★ノリタケの森
http://www.noritake.co.jp/mori/
食器で有名なノリタケの工場やアウトレットがあるらしい。最近食器に興味があります。自分で料理作るようになったからかなぁ

最後に、旅のキラリ★
観光ルートバス「メーグル」に乗って名古屋駅から名古屋城まで行ったら、観光ボランティアの木村さんがガイドをしてくれました。普通のバスなのにびっくり。ありがとう木村さん。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »