« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

9タイプ・コーチング 部下は9つの人格に分けられる

「9タイプ・コーチング 部下は9つの人格に分けられる」
安村明史 PHP研究所

図書館をふらふらしていてたまたま読んでみた本。

自分自身を、「○○な性格」とあまり決め付けてしまうと、本当にそうなってしまう気がして、あんまり決め付けたくないなぁ。
そもそも自分の性格って、なんだろう。
はたまたみんなの性格ってどうなんだろう。

と、思い借りてみた本です。

2006年にはやった本のようで、当時はセミナーなどもたくさん開催されていたみたいですが、現時点でのセミナーなどは見つけられず、その後どうなったんだろう。
という疑問が残ります。

本の内容は以下のとおりです。

人間は、ホルモンバランスによって、生まれながらに9つの気質のどれかに属し、しかもそれは一生涯変化しない。

タイプ1=理想主義で妥協がない
タイプ2=親切な振る舞いで感謝を要求する
タイプ3=服装に気を遣い格好よく見える自信家
タイプ4=情熱に駆られて夢を追いかけるロマンチスト
タイプ5=他人と距離を置き客観的な観察をする
タイプ6=前例やマニュアルを重んじ自分を守ろうとする
タイプ7=明るくアイデアマンで仕事は速いが衝動的に動く
タイプ8=負けることは人生の敗北だと思っている強引な部下
タイプ9=自分の意見は言わず成り行き任せにする

2つのサイトで診断してみたら、わたしは、「タイプ5」と「タイプ6」でした。

どっちも違うような、そんな一面もあるような。。。
でもやっぱり違う気がするなぁ

感想としては、本当に人間って9つのタイプに分けられるものなんだろうか。
しかもそれが一生涯変わらないのだろうか。。。
そんな単純なものでもない気が。。。

といったところです。

まさかあの人があんなことに?!みたいな場面に何度か遭遇もしているので、あの人は○○な人と決め付けたくなくて、その人が今感じている気持ちを大切にしたいなぁと私は思っています。
どんな悪人だって優しい面は必ずあると思うし、どんな優しい人でもびっくりするような残酷な気持ちって持っているんじゃないかと思うんですよね。
みんなそのバランスをやりくりして生きているんじゃないかと。

しかし、本の流れとしては、「高橋課長」という人物が奮闘する物語になっていたので、わかりやすかったです。

41yjahc6lgl__bo2204203200_pisitbsti

| | コメント (2)

あるキング

「あるキング」 伊坂幸太郎 徳間書店

伊坂作品の中で、わたしは魔王が苦手タイプです。

この作品も何か物足りない気がしましたが、新たな伊坂幸太郎と思えば最後まで読めました。

魔王はまだ最後まで読めていません。。。

次に読みたい伊坂作品は「バイバイ・ブラックバード」です。

412dxtbfyel__bo2204203200_pisitbsti

| | コメント (0)

メゾンエルメス/フォーラム ○設計○レンゾ・ピアノ

メゾンエルメス/フォーラム ○設計○レンゾ・ピアノ  2011年1月探訪

「雪/曽根 裕」

http://lesailes.hermes.com/jp/jp/392-GINZA&gclid=CLexwJDD2aYCFZCCpAodBQvN5w

前から行ってみたいと思っていたのですが、いまんいち場所がわからず、今回、銀座に行くついでに行ってみました。

そしたら、SONY ビルの向かいだったんですね。。。
何度も通り過ぎたことがあったのに気付かなかったなんて。

銀座HERMESのビルの8階にあるギャラリーです。

空間自体はミニマムで、展示品は少ないのですが、レンゾ・ピアノが設計した波打つガラスブロックから差し込む光がなんとも心地よい空間です。

不思議なガラスです。

今回、そこに曽根裕の水晶で作り出された雪の結晶の展示があって、空間と展示がベストマッチでした。

最近、雪がふっても明け方に少し降って、朝起きたらべっちょりみたいなことが多いけれど、小学生の頃は埼玉でも年に数回はどっさり雪が降って、着ているジャンパーに付いた雪の結晶に感動したなぁ。って、ふと思い出しました。

今度行くスノボで、別の楽しみが増えました。
雪の結晶をゆっくり見てみよう。

015

016

017

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

ラジオ体操第二 安住紳一郎

podcastでは流れていなかった、ラジオ「安住紳一郎の日曜天国」放送
これ、聞きたかったのです。

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

1Q84 BOOK1、BOOK2

「1Q84 BOOK1」「1Q84 BOOK2」 村上春樹著 新潮社

先輩に借りてお正月に読破しました。

贅沢なお正月♪

いろいろな評価があるようですが、わたしはぐいぐい読んでしまいました。

ふたりの主人公の話が交互に綴られていて、ふたりの物語がどんどん近づいていくところがおもしろかったです。

村上春樹はノルウェイの森しか読んだことがなかったのですが、ノルウェイの森の時はそんなに感じなかったけれど、今回の本を読んだら、村上春樹の他の作品も読んでみたいなぁと思いました。

それにしても正体不明なもの、なぞの宗教団体って本当に怖いな。。。って思いました。

角田光代の「八日目の蝉」でもなぞの宗教団体が出てきて、そこの描写がなんとも印象的だった私です。

41wyr3la5gl__sl500_aa300_

41shjjawepl__sl500_aa300_

| | コメント (0)

さいたま市大宮盆栽美術館

さいたま市大宮盆栽美術館

http://www.bonsai-art-museum.jp/index.php

この付近は「大宮盆栽村」と呼ばれ、むかしから盆栽で有名です。
数件の盆栽園があり、その中には山田香織さんという方が当主の「清香園」もあります。
http://www.seikouen.cc/saika/prof.html

さいたま市はこの盆栽を世界に広めるという目的で、平成19年に5億円をかけて100点の盆栽を購入し、その後、その盆栽が枯れたとかで「税金の無駄遣い!!」と問題になり、この美術館も館長の進退問題などがあがっていました。

しかし、最寄の土呂駅付近では盆栽美術館に向かう外国の方もよく見かけて(人気があるらしい)、年間目標の5万人も達成間近だそうです。(2010年10月現在)

(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/090714/stm0907141627009-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101023/trd1010231714013-n1.htm

ということで行ってきました!

率直な感想としては、また行きたいです。
植物の展示ということで、次の季節にはどんな色になるんだろう、と楽しみがあります。
また、人間が作るものと違った植物のすごさがあります。

展示内容と事務・警備員の数からしたら、入館料300円はかなり破格だと思います。

097

100 ロビーのみ写真撮影可

102 展示の中にも「今日の一枚」とのことで写真撮影可能な盆栽がひとつ。

103

105

展示の中には「盆栽の見方」も丁寧に記載してあり、盆栽初心者としてはわかりやすかったです。

・根張り
・立ち上がり
・枝ぶり
・葉
・ジン、シャリ
>>枝・幹を枯れたように見せている部分。これなかなかすごいです。

また、和室に盆栽と掛け軸との空間論の展示があっておもしろかったです。
日本人は狭い空間をいかに美しい空間にするかを昔から考えていたんだなぁと思いました。

| | コメント (0)

お年玉

仙ちゃんに肉球クリームを買ってみました。

056

嫌がる本人にむりやりぬってみた。

086

なんか野生なあし。。。
本人にとってはありがた迷惑な模様。。。

016

首輪が黄色にリニューアルしていました。
母親に聞いたら

「金運アップ!」

とのこと。

我が家の金運まで背負わされているなんて、頭が下がります。

| | コメント (0)

HAPPY NEW YEAR 2011

091

実家の近くの材木屋さんが、毎年出す干支看板?
小さなうさぎのところの影が仙ちゃんです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします★

064

今年の目標(仕事以外)

・素敵だな、と思った人には、その人にその旨を伝える。
 めんどくさがらない。

・最低12箇所、今まで行ったことがない美術館に行ってみる。
 盆栽美術館(埼玉)
 鉄道博物館(埼玉)(美術館ではないけれど、地元だからおさえておきたい)
 群馬県館林美術館(群馬)
 メゾンエルメス/フォーラム(東京)
 東京藝術大学大学美術館(東京)
 神奈川県立近代美術館 葉山(神奈川)
 ヴァジン彫刻庭園美術館(クレマチスの丘)(静岡)
 植田正治写真美術館(鳥取)
 三菱一号館美術館(東京)
 サントリー美術館(東京)
 根津美術館(東京)
 フィレンツェ!!(フランス)(今年こそは行きたい)

・肌に潤いを。
 体全体の潤い意識する。
 具体的には毎日水を1.5リットル飲む。
 顔は朝晩3分以上のパッティングを徹底。
 よさげなサロンがあったらお金をかけて行ってみる。
 (主にフェイシャル)

3ヶ月スパンだと私の場合長すぎるということが去年わかったので、1ヶ月単位で状況を確認する。

まぁ何はともあれ明るく元気にすごす。笑顔を大切に。

109

 

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »