« 安住紳一郎の日曜天国 | トップページ | 家政婦は見た! »

2010年7月24日 (土)

オルセー美術館展 2010 ポスト印象派

「オルセー美術館展 2010 ポスト印象派」
http://orsay.exhn.jp/

国立新美術館
http://www.nact.jp/building_intro.html

140_2

何度も訪れている大好きな美術館なのですが、目玉の企画展は大混雑なので、足が遠のいてしました。
(ここに行く度に、黒川紀章のすごさを感じずにはいられません。すごい建物だ。)

オルセー美術館展もずっと、どうしようかなぁと悩んでいました。
しかし、日曜美術館で、アンリ・ルソーの「蛇使いの女」を見た姜尚中が、「この絵からは音が聞こえて、においもしてくる」と、言ってた言葉に、やばい、見に行こう。と、思って行くことを決意しました。
(姜尚中、好きです。)

土日は絶対に混んでいるので、金曜日の夜に行こうと思っていたのですが、なかなか予定があわず、結局有給をとっちゃいました。

本物のオルセー美術館は、2005年2月に行きました。
古い駅を改築した建物で、大きな時計があってそれがすごく印象的でした。
古い大時計や、からくり時計などを見るとテンションが上がります。
いろいろ見たはずですが、建物の印象の方が強く。。。

で、行ってきました。国立新美術館。
せっかく午後休みをとって行ったのですが、混んでいる・・・
3時間半くらい一人で休憩しながら居て、なんとか満足いく鑑賞ができました。

何個か気に入った絵につて記載したいと思います。

★カミーユ・ピサロ「ルーアンのボワルデュー橋、夕日、靄のかかった天気」
色がすごく綺麗でした!いろんな青がきらきら輝いてて、素敵でした。一番最初の部屋に飾ってあったのですが、最後ユーターンしてもう一度見てしまいました。
ポストカードなどがなく、胸にとめて帰ってきたのですが、以下NIKKEI WEB版で見て愕然。。。まったく色の美しさが出ていない。。。やっぱり写真だと限界がありますね。
ぜひもう一度本物を見たいです。

NIKKEI WEB版
http://www.nikkei.com/news/article/g=96958A90889DE2EAE6E0E1E7E1E2E1E3E2E7E0E2E3E2EBE5E29FE2E2;df=2

★フィンセント・ファン・ゴッホ「星降る夜」
濃い紺色の星空が童話の世界のようでした。

Photo
★ピエール・ボナール「格子柄のブラウス(20歳のクロード・テラス夫人)」
猫ちゃんと夫人の雰囲気がよかったです。家に飾りたくなる1枚。
Photo_2
★フェリックス・ヴァロットン「ボール(ボールで遊ぶ子供いる公園)」
夏の思い出~
Photo_3
★アンリ・ルソー「蛇使いの女」
においがした気がする。。。自分の単純さが嫌になりますが。
Photo_4
あと、今回の美術展は、podcastや、アプリ、が充実していてよかったです。
また、今日、パソコンつけたら、美人時計でも広告出してて驚きました。
いろんなアプローチ方法がありますなぁ。もはやついていけなさそうです。





|

« 安住紳一郎の日曜天国 | トップページ | 家政婦は見た! »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安住紳一郎の日曜天国 | トップページ | 家政婦は見た! »