« えがおの季節 | トップページ | ハンバーガー③ »

2010年7月 8日 (木)

府中市美術館 

府中市美術館 2010年6月探訪

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

6月26日に、府中市美術館で開催された「スクールアート10公開授業」を見てきました。

こちらは、学芸員等の方が、地元の小学生を対象に、美術館で公開授業を行うというものです。

わたしは小学校時代は、もくもくと絵を描くタイプだったのですが、上には上がいるもんで、漫画の絵がそれはそれは上手な子がいて、早々に敗北感を味わっていましたが(特に、真代ちゃんと諏訪くんが異様に絵がうまかったことを鮮明に覚えている。)、当時は鑑賞にはまったく興味がありませんでした。

大人になってから鑑賞に興味が沸いてくるにしたがって、美術鑑賞って大人だけじゃなくて子供も楽しめるものだったんだ、と、改めて感じて、最近、子供との美術鑑賞のいろいろな活動にちょっとだけ足をつっこんでいます。まだまだ私自身が学ぶことばかりなのですが。

そこで知り合った方に、今回の公開授業を教えていただき、行ってきました。

対話型鑑賞では、絵をみながらイメージを膨らませ、みんなでお話をする授業や、
ひとつの絵を見て伝えるチーム・見ないで聞くチームにわかれて、見ないで聞くチームは伝えるチームの言葉だけをたよりに想像で絵を描く授業、
(これがびっくりするほど、本物の絵に近い絵を描くんです。子供ってすごい)
近くから見たときと、離れて見たときの感じ方の違いを発表し合う授業、

など、全部は見れませんでしたが、おもしろかったです。
美術館ってつまらなさそうって思う人も多いと思うのですが、せっかく価値ある本物の絵を見ることができる貴重な場所で、こういった楽しいコミュニケーションの場が作れるというのは、とても興味深かったです。

そして、子供はやんちゃで大変だけど、おもしろいです。

そして、府中市美術館で現在開催中の「ノーマン・ロックウェル オールディーズ、その愛しき素顔たち」を見てきました。

ロックウェルといえば、去年の伊勢丹の包装紙がロックウェルだったのが記憶に新しいです。わたしはあまり好きな画風ではないですが、The 外国のポストカードというような感じです。

Photo

ロックウェルの誕生日に掲載されていた、googleのdoodle

Rockwell10ig

|

« えがおの季節 | トップページ | ハンバーガー③ »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えがおの季節 | トップページ | ハンバーガー③ »