« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月24日 (土)

うめぼし

むかしから、実家・祖母の家・叔母の家が、家で梅干をつくっていました。

そして、物心ついた頃から食べていました。

大好きなんです。梅干。

塩分とりすぎとはわかっているのですが、わたしの元気の源です。

家の梅干を食べつくしては、親戚からいただきます。

梅製品のお菓子や、買った梅干も食べますが、やっぱり家の梅干が一番おいしいなぁと、思います。

で、今年もまた梅干を干す時期がやってきました。

今年はひそかに心に思っていたことがあります。

以前に、「食堂かたつむり」著:小川糸 を読んだ際に、冒頭、インド人の彼氏にお金やらをもって逃げられた主人公が、おばあちゃんと漬けた思い出の梅干が残っていてほっとする。というシーンがあって、そこで、干す際に、定期的に丁寧にもんで裏返すとやわらかくておいしい梅干ができる。と、記載があり、今年は、それをためしてみたい!と、思っていたのです。

先週の3連休、わたしは暑い中、定期的にもみましたよー

結果、自己満足ですが、おいしい梅干ができました★

027

026

| | コメント (0)

家政婦は見た!

よく窓からこっそりのぞいています。
普段は窓を閉めています。

近所の人から、「家政婦は見た」みたいね。
と、言われました。ふふ

Img_0360

Img_0362

Img_0363

| | コメント (0)

オルセー美術館展 2010 ポスト印象派

「オルセー美術館展 2010 ポスト印象派」
http://orsay.exhn.jp/

国立新美術館
http://www.nact.jp/building_intro.html

140_2

何度も訪れている大好きな美術館なのですが、目玉の企画展は大混雑なので、足が遠のいてしました。
(ここに行く度に、黒川紀章のすごさを感じずにはいられません。すごい建物だ。)

オルセー美術館展もずっと、どうしようかなぁと悩んでいました。
しかし、日曜美術館で、アンリ・ルソーの「蛇使いの女」を見た姜尚中が、「この絵からは音が聞こえて、においもしてくる」と、言ってた言葉に、やばい、見に行こう。と、思って行くことを決意しました。
(姜尚中、好きです。)

土日は絶対に混んでいるので、金曜日の夜に行こうと思っていたのですが、なかなか予定があわず、結局有給をとっちゃいました。

本物のオルセー美術館は、2005年2月に行きました。
古い駅を改築した建物で、大きな時計があってそれがすごく印象的でした。
古い大時計や、からくり時計などを見るとテンションが上がります。
いろいろ見たはずですが、建物の印象の方が強く。。。

で、行ってきました。国立新美術館。
せっかく午後休みをとって行ったのですが、混んでいる・・・
3時間半くらい一人で休憩しながら居て、なんとか満足いく鑑賞ができました。

何個か気に入った絵につて記載したいと思います。

★カミーユ・ピサロ「ルーアンのボワルデュー橋、夕日、靄のかかった天気」
色がすごく綺麗でした!いろんな青がきらきら輝いてて、素敵でした。一番最初の部屋に飾ってあったのですが、最後ユーターンしてもう一度見てしまいました。
ポストカードなどがなく、胸にとめて帰ってきたのですが、以下NIKKEI WEB版で見て愕然。。。まったく色の美しさが出ていない。。。やっぱり写真だと限界がありますね。
ぜひもう一度本物を見たいです。

NIKKEI WEB版
http://www.nikkei.com/news/article/g=96958A90889DE2EAE6E0E1E7E1E2E1E3E2E7E0E2E3E2EBE5E29FE2E2;df=2

★フィンセント・ファン・ゴッホ「星降る夜」
濃い紺色の星空が童話の世界のようでした。

Photo
★ピエール・ボナール「格子柄のブラウス(20歳のクロード・テラス夫人)」
猫ちゃんと夫人の雰囲気がよかったです。家に飾りたくなる1枚。
Photo_2
★フェリックス・ヴァロットン「ボール(ボールで遊ぶ子供いる公園)」
夏の思い出~
Photo_3
★アンリ・ルソー「蛇使いの女」
においがした気がする。。。自分の単純さが嫌になりますが。
Photo_4
あと、今回の美術展は、podcastや、アプリ、が充実していてよかったです。
また、今日、パソコンつけたら、美人時計でも広告出してて驚きました。
いろんなアプローチ方法がありますなぁ。もはやついていけなさそうです。





| | コメント (0)

安住紳一郎の日曜天国

podcast、伊集院に始まり、最近はまっているのが

「安住紳一郎の日曜天国」
http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/index-j.html

いやぁおもしろいです。

寝る間もおしんで、あとちょっと!と、聞いております。

安住さんの歯に衣着せぬトークもさることながら、わたくし、パーソナリティの「中澤有美子」アナウンサーのファンになってしまいました。

中学校一年生の時、クラスメイトの金子くんに

「おまえ何言ってるかわかんねー」

と、言われて以来、滑舌の悪さ・声にコンプレックスがあるわたくしなので、素敵な声の人には本当にあこがれ、嫉妬さえ抱きます。

中澤さんは声がすごく優しいのですが、笑い声が爽快で、素敵な人だー

と、いつも思って癒されています。あやしい。。。

ちょっとgoogleで調べてみれば、なんでも情報を得られる昨今ですが、中澤さんのことは調べず、その声に癒されていたい、と思うのでした~

先週の放送「白鷺の姉御」もおもしろくって、母親に無理やり聞かせて、相撲中継を見ては白鷺の姉御を探す日々です。

みなさまもよかったらご視聴ください。

「白鷺の姉御」
http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/pod/20100718.html

| | コメント (0)

お慕い申しております。

毎日顔をあわせている人よりも、会ったことも話したこともない人に興味をそそられることがあります。

不思議なもので。

その中の一人に知人の先輩の先輩というかなり遠いところにいる人がいるのですが、その人のブログが大好きで、よく拝見させていただき、勝手にお慕い申しております。

その方の精神論とかも好きなのですが、一番好きなところは、おもしろYOUTUBE動画をアップしてくださるところ。

その方がアップした動画の中で、興味をそそられなかったものはないです。たぶん。

前にこのブログにも記載した、スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチもそうです。

そして、最近のヒットがこちらの2件!

スポーツネタは大好きです。

中でも、セルジオ越後には一気にひきこまれました。昔イケ面ね。
香川照之がナレーションなのもおもしろい。

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

しじみ

今回のフラワーアレンジメントは、夏のアレンジ

水色で貝殻のかごを使ったかわいいアレンジでした。

今回、覚えたお花は「クラスぺディア」。うすむらさき色のかわいらしいお花です。

そして毎回驚かされるのが、ガーベラの種類の多さ!いつも違うガーベラが出てくる気がします。今回は、花びらの先っぽの色が違くてかわいかったです。

100均の籠なので、安定感が悪く、みんなで悪戦苦闘しましたが、なんとか完成!

Img_0299
Img_0301
Img_0302

| | コメント (0)

ハンバーガー③

☆KUAAINA  さいたま新都心店
http://www.kua-aina.com/

まさか埼玉にKUAAINAができる日が来るとは!!と、できた当初はいたく感動したものです。こういう、お高めハンバーガー?を初めて食べて感動したのが、おそらく、青山のKUAAINAだった気がします。
なので、KUAAINAといえば、わたし的には青山なイメージ。
でも、最近はわりとどこにでもあるみたいです。嬉しいような悲しいような。
ここのハンバーガーは、シンプルに塩・こしょうで味付けされていて、お肉の味を堪能できるので、大好きです。
お持ち帰りの際には、かわいいランチボックスに入れてくれます。
これを食べるとハワイに行きたくなります~

080
079

☆GOLDEN BROWN 中目黒
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13049222/dtlrvwlst/584560/

バイク乗りの友達(女ライダー)が、「中目黒から歩くと遠いところにおいしいハンバーガー屋さんがある。歩くと大変だから、バイクでいこ~。前にそこで、佐田真由美に会った。」と言って、連れてってくれました。
でも着いてびっくり、この間、表参道ヒルズ店に行ったGOLDEN BROWNではありませんか!
その日は残念ながら佐田真由美はいませんでしたが、こちらの方が本店なので、気をとりなおしてチーズバーガーを食しました。
表参道ヒルズ店で食べたアボガドバーガーより、こっちのチーズバーガーの方がおいしかったです。普通のハンバーガーが好きなので。

それにしても、このジンジャーエール好き 辛い方

061
064

062

☆JACKSON HOLE 調布
http://www.chofu.net/shop/jackson.html

府中市美術館の帰りに、なにかおいしいもの食べて帰ろう~
と、思っていたら、ふと思い出したのが、ジャクソンホール!
NANAがまだまだ普通の少女マンガだった頃に、ハチがおいしそうに食べているハンバーガーを、わたしも食べてみたいとずっと思っていたのです。
調布というのは知っていたのですが、なかなか訪れる機会がなく、今回はじめて行ってきました。
店内のメニューにも矢沢愛のイラストなどがありましたが、ハンバーガー!本当においしかったです。ソースがジューシーでお肉とパンを一体化させ、一気に食べちゃいました。

調べてみたら、矢沢愛は、いま病気療養中で連載をお休みしているそうです。
あの続きを書くのは大変だろうけど、元気になってまたペンをにぎってほしいです。
応援してます!

Img_0243
Img_0246

| | コメント (0)

府中市美術館 

府中市美術館 2010年6月探訪

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

6月26日に、府中市美術館で開催された「スクールアート10公開授業」を見てきました。

こちらは、学芸員等の方が、地元の小学生を対象に、美術館で公開授業を行うというものです。

わたしは小学校時代は、もくもくと絵を描くタイプだったのですが、上には上がいるもんで、漫画の絵がそれはそれは上手な子がいて、早々に敗北感を味わっていましたが(特に、真代ちゃんと諏訪くんが異様に絵がうまかったことを鮮明に覚えている。)、当時は鑑賞にはまったく興味がありませんでした。

大人になってから鑑賞に興味が沸いてくるにしたがって、美術鑑賞って大人だけじゃなくて子供も楽しめるものだったんだ、と、改めて感じて、最近、子供との美術鑑賞のいろいろな活動にちょっとだけ足をつっこんでいます。まだまだ私自身が学ぶことばかりなのですが。

そこで知り合った方に、今回の公開授業を教えていただき、行ってきました。

対話型鑑賞では、絵をみながらイメージを膨らませ、みんなでお話をする授業や、
ひとつの絵を見て伝えるチーム・見ないで聞くチームにわかれて、見ないで聞くチームは伝えるチームの言葉だけをたよりに想像で絵を描く授業、
(これがびっくりするほど、本物の絵に近い絵を描くんです。子供ってすごい)
近くから見たときと、離れて見たときの感じ方の違いを発表し合う授業、

など、全部は見れませんでしたが、おもしろかったです。
美術館ってつまらなさそうって思う人も多いと思うのですが、せっかく価値ある本物の絵を見ることができる貴重な場所で、こういった楽しいコミュニケーションの場が作れるというのは、とても興味深かったです。

そして、子供はやんちゃで大変だけど、おもしろいです。

そして、府中市美術館で現在開催中の「ノーマン・ロックウェル オールディーズ、その愛しき素顔たち」を見てきました。

ロックウェルといえば、去年の伊勢丹の包装紙がロックウェルだったのが記憶に新しいです。わたしはあまり好きな画風ではないですが、The 外国のポストカードというような感じです。

Photo

ロックウェルの誕生日に掲載されていた、googleのdoodle

Rockwell10ig

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »