« iPhone | トップページ | 志高く 孫正義正伝 完全版 著:井上篤夫 »

2010年6月 3日 (木)

『伊集院光 深夜の馬鹿力』

iPhone買って以来、Podcastでよくラジオを聞くようになりました。

その中で見つけたのが、「伊集院光 深夜の馬鹿力」。

高校時代、友達に「伊集院光のラジオがおもしろい」と言われ、一緒に一橋大学の大学祭で行われた伊集院光のトークショーに行って以来の出会い。。。

おもしろそうだったけれど、深夜は苦手なので一度も聞くことがなかった伊集院光のラジオ番組。。。

12年ぶりに聞いてみたら、、、おもしろかったのです!
どこがおもしろいかというと、なんだろう、音だけなのに妙に痛々しい光景とかが目に浮かんで、ぷぷっとなってしまいます。

1995年10月からスタートしていて、今現在も続いています。
その時点ですごい。

そして、勢いで過去のデータを100件くらいダウンロードして聞いていたら、ある日の放送で、伊集院が

「ミスチルの桜井さんに“僕らの音楽”に呼ばれた」

と、言っていて、なにぃ?!と、思い、そのときの動画を探してみました。
(2008年12月12日放送「僕らの音楽」)

伊集院が、

「『松の木にオジヤをぶつけたようなブス』と表現すると、リスナーそれぞれの思い出に照らし合わせるようにしてイメージできる。これがラジオの自由度かもしれない。」

と語り、それ対して桜井さんが

「(歌で)何かを伝えることは、星を並べて星座をつくる作業に似ているかも知れない。イメージを固定させてしまうのはつまらないし、かといってバラバラすぎてはイメージできない。」

と、伊集院のイメージをさせるトークに同調していました。

松の木オジヤに真剣に同調している桜井さんがおもしろかったです。

桜井さんは相当好きらしく、録音して持ち歩いて聞いているそうです。

世の中いろんな世界があるもんです。

|

« iPhone | トップページ | 志高く 孫正義正伝 完全版 著:井上篤夫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPhone | トップページ | 志高く 孫正義正伝 完全版 著:井上篤夫 »