« You Tube 祭り | トップページ | 藤田喬平ガラス美術館 »

2010年1月18日 (月)

ポーラ美術館 ○設計○日建設計

ポーラ美術館 2010年1月探訪

両親と熱海温泉に行き、その帰りに一人別行動をとり、前から行ってみたかった「ポーラ美術館」へ行ってきました。小田原から箱根登山鉄道強羅駅へ、そこからさらにバスで13分と、かなり山奥かつ入館料1,800円と、なかなかお高い美術館なので、友達は誘いづらく、このチャンスに行くしかない!と、思い立ったのです。思い立ったが吉日!

結果。。。
思い切って行ってよかった!と、思わせてくれる美術館でした。まさに自然の中にひっそりとたたずみ、やわらかい光が注ぎ込んで別世界が広がっていました。ここは、富士箱根伊豆国立公園の中にあるため、建物の高さは8メートル以下という規制があるそうです。敷地に直径74メートルのすり鉢状の穴が掘られ、建物の大半はそこに埋められています。しかし、地中美術館とは違い、全体的に乳白色を基調とした柔らかいつくりになっており、冬なのに箱根の寒さを忘れさせてくれる暖かさがありました。

わたしが行ったときは、「ボナールの庭、マティスの室内」という展示をやっており、庭の絵の展示と室内の絵の展示が窓で仕切られており、室内部分から窓をのぞくと庭の絵が見えるようになっており、なかなかおもしろかったです。観光地の美術館だからか、「見たことある」絵がたくさんあって、誰でも楽しめるようになっていると思います。訪れたのは平日でしたが、人も思ったより入っていました。

今回はカメラケースだけを持って行き、中身を忘れるというなかなかのうっかりミスをした結果、写真は携帯による撮影です。。。

・美術館への道
201001181455002

・美術館エントランス(ここからエレベータで下りると、B1、2に展示室が広がります。)
201001181457000

最後に熱海の梅園がなかなかよかったのでそちらの写真。


・見ごろの蝋梅。よい香りがしました。
201001181109001

・滝の裏側。ジャングルクルーズみたいです。
201001181115001

・梅園内にあった中山晋平の別荘内。おしゃれな造りで素敵でした。
201001181136000

|

« You Tube 祭り | トップページ | 藤田喬平ガラス美術館 »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« You Tube 祭り | トップページ | 藤田喬平ガラス美術館 »