« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月24日 (土)

群馬県立近代美術館 ○設計○磯崎新

群馬県立近代美術館 2009年9月探訪

http://www.mmag.gsn.ed.jp/

日経の「私の履歴書」磯崎新⑳で、群馬県立近代美術館に触れられていたので、ずっと行ってみたく、このたび行ってきました。

私の履歴書で、磯崎新は以下の通り述べています。

「世の中の建物のおよそ九割は住宅やオフィスビル、商業施設などが占めるが、私はできるだけ残りの一割にかかわりたいという思いがある。つまり、美術館や公共ホールなど文化に関連する建築である。

初めて美術館の設計を依頼されたのは1971年の群馬県立近代美術館だ。前年の大阪万博では、近代建築が目標としていたユートピアが中途半端に実現してしまった。しかもそれはすぐに取り壊された。ガレキの山となった。祭りの後の空白のなかに置かれた気分だった。

・・・(中略)・・・

設計に取りかかったものの、一本線を引くと「これでいいのか」と考え込んで消してしまうような状態で、前に進めない。そんな中、緑の草の上に四角いキューブが転がっている情景が頭をよぎった。空洞そのものを美術館と呼べばよい。いつれアーティストがその空白に作品を持ち込むだろう。

・・・(中略)・・・

「サイト・スペシフィック」の先駆けなどと言われている。しかし当時は過疎の町だからこそ、ここに来なければ見られない美術館を作る、と破れかぶれに発想したものだったのだ。
形を生みだす「手法」をつかんだ手応えを感じた私は、やっと建築家を自称できるようになった。・・・」

彼にとって、すごく思い入れのある美術館のようです。

実際見てみた感想としては、個人的には外観はあまり好きではありませんでしたが、中の空間が想像以上に広く開放的で驚きました。

やっていた展示は「群馬の美術」というなかなか渋い展示でしたが、どんな展示でものびのびと展示できそうなスペースが広がっていました。

【ごはん】

「栄寿亭」 高崎駅
http://r.tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000117/

かつ丼が400円くらいで食べられて、しかもお味もなかなか♪
地元のおじいちゃんと孫が一緒に食べに来てて、それだけでなぜか泣きそうになりました。
また行きたいお店です。

275

273

272

| | コメント (1)

2009年10月18日 (日)

大阪の旅(2009年8月)

2009年8月29日から30日で、大阪の旅に行ってきました。

今回の旅のメインは、阪神大好き先輩のお供で甲子園での阪神×巨人戦の観戦でしたが、、、おいしいものをたくさん食べれて幸せだったので、記録しておきたいと思います。

・串カツ 「活」

http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27001969/

梅田駅の阪急グランンドビル28階にある、アクセス良好で上品な串カツやさんです。以前、大阪に行った時に、通天閣の近くで食べた串カツとはまた違う雰囲気。おまかせでどんどん出てくる方式でしたが、5種類のソースが用意され、それぞれのネタに合わせて、つけるべきソースの前にお店の人がネタを置いてくれます。
レンコン・カニ(ポン酢で)がおいしかったです。
女子で行ったので、そんなにたくさん食べずお値段もたしかそこまで高くなかった気がします。大阪!という感じではないですが、駅近だしよい店だと思います。
14時くらいにお店に入ったので、時間が中途半端だったからか並ばずすぐに入れました。そして昼間から串揚げを食べながらビール。しあわせ。

・たこ焼き 「会津屋」

http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27001205/

大阪に来たらやっぱり「たこ焼きが食べたい!」ということで、行ってきました。個人的には銀だこのこてこてな感じが大好きで、たこ焼きといえば銀だこ、くらいに思っていたのですが、ここはまた別ものでおもしろかったです。
元祖「たこ焼き」といわれており、「美味しんぼ」にも掲載されたそうです。うん、なんかほんものっぽい。
ここのたこ焼きは、何もかけずに食べます。さっぱりしてて、これはこれでおいしかったです。また、ラジオ焼きというネギと牛スジが入ったものも食べたのですが、これがまた美味!!何個でもいける感じでした。

・ロールケーキ「堂島ロール」(おみやげ)

http://www.dojimaroll.com/

後輩が「食べてみたい!」ということで買いに行った「堂島ロール」
なんともシンプルなロールケーキなのですが、スポンジもクリームも食べやすくって美味。1本ペロリといけました。

こことはまた別なのですが、近くに「堂島ホテル」があり、そこでお茶をしました。そのレストランがすごく素敵で、また行きたいです。

http://www.dojima-hotel.com/restaurant/the_diner.php

・肉まん「551蓬莱」(おみやげ)

http://r.tabelog.com/osaka/A2706/A270601/27000686/

後輩が「大好き!」というので、便乗して肉まんを購入しました。家に帰って食べてみたら、、、シュウマイみたいでおいいしい☆最近、めっきり中華が大好きなのですが、また食べたいと思う肉まんです。

基本なんでも「おいしい」と思うわたしですが、今回もおいしかったです♪

| | コメント (0)

タージ・マハル(2009年10月)

2009年10月3日から11日までインドに行ってきました。

いろいろ感じることはありましたが、今回は観光の目玉、アグラの「タージ・マハル」について書いておきたいと思います。

マハル(宮殿)と呼ばれているので、王妃のための宮殿と思われがちですが、これはムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが王妃ムムターズマハルが亡くなったことを悲しんで、その愛を表現しようと建設した王妃のお墓です。

完全に左右対称の建物といわれていますが、その完璧なシンメトリーが唯一崩れているのは、ムムターズ・マハルの棺の隣に置かれる、シャー・ジャハーンの棺だそうです。

真偽のほどは定かではないそうですが、シャー・ジャハーンは、ヤムナー川を挟んだタージ・マハルの対岸に、黒い大理石で自分の墓を建て、その両者を橋で結ぶ計画を立てていたそうです。しかし、国が疲弊し、その夢かなわず自分の息子に幽閉され、最後はタージ・マハルの妃の墓の横に葬られました。

唯一そこだけが想定外で、この建物の「左右対称」が崩れている場所だそうです。

よく美人の条件で、顔が左右対称であること。と、言いますが、これはきっと昔から人間が気持ちよく感じる条件なのでしょう。
タージ・マハルもどこから見ても完璧です。気持ちいいです。

何度も行った方に言わせると、排気ガスのせいか昔より白大理石が変色してくすんでしまったそうです。が、初体験の私はいたく感動しました。

世界各地から膨大な量の貴石が取り寄せられ、また職人が集められ、22年といわれる歳月と天文学的な費用をかけて1653年に完成したとされています。

こんな建物を造ることは、金銭面でも人道面でも、今後、ありえないんじゃないでしょうか。

ほんとうにすごい建物です。

578

592_2

630

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »