« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

アド・ミュージアム東京

アド・ミュージアム東京 2009年9月10日探訪

http://www.admt.jp/

2回目の訪問でしたが、好きなのは「公共広告機構」のアーカイブ?です。
見放題です。
公共広告機構のCMは、むかしから好きなのです。
最近見かけない気がするけれど、気のせいかしら。

好きなので、野球選手が「人生投げたらイカン!」っていうのが熱くていいのですが、You Tubeで見つかられなかったです。残念。

なかなかシュールな作品もたくさんあって、映像がおもしろいです。

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

ウダー

友達がえらく気に入っている、「ウダー」

宇田さんが作った楽器なのでウダーというそうです。
詳細は以下HPで。

http://uda.la/

友達は音色にほれこみ「ウダーほしい!」と言っていました。
わたしもそこまでではないけれど、このノスタルジックな音色はもっと聞いてみたいです。

宇田さんは、理想の楽器がなかったので自分で作ったそうです。

「世の中にウダーを広めていきたいか?」

という質問に

「広めるとか、そういった部分はみなさんにお任せしてます。自分はウダーを理想の楽器としてつくるだけで、欲しいというと人がいるんであれば、ウダーを売るための会社を作って売っていきたいと思いますし、誰も欲しいと言わないのであれば自分だけのウダーを作っていくと、それでいいと思っています。」

と、答えてます。かっこいい。

詳細インタビューはこちら。

http://www.llschema.com/pov/2009/06/18/69.html

そして、このYouTubeライブおもしろいです。

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

【LAMY/ラミー】SAFARI 万年筆 2009 Summer Edition ピンク

思わずネットで衝動買いをした、

【LAMY/ラミー】SAFARI 万年筆 2009 Summer Edition ピンク

ネットって怖い・・・

でもいいんです。前からお手紙書く用の万年筆がほしいと思っていたのです。
しかも大好きなLAMYだし!ピンクかわいいし!
そして、

☆初万年筆☆

と、自分を納得させ、今回、選んだペン先は「F(細字)」です。
手帳に文字を書くには少し太めですが、お手紙にはこのくらいがいいかな。
と、思い購入してみました。結果、なかなかの書き心地です♡
さすがLAMY☆

わたくし、昔から縦書きの方がうまく字が書けるのです。
いつの時代の人だよ。という感じですが・・・
万年筆にあわせて縦書きの一筆書きも購入してみました。
いまはついていた黒インクを使っていますが、次は青インクにしたいです。

お手紙書くのが楽しみです。
14914043
200909222131000_2

| | コメント (2)

2009年9月21日 (月)

単純でかわいい

☆通常

20090920_img_4257

☆エサをちらつかせた場合

20090920_img_4261

| | コメント (0)

背景をぼかす

背景をぼかしたかっこいい写真を撮りたくて、友人に相談したところ、友人が使わなくなったCanon の powershot s5 is を借してくれました。

背景をぼかすには、絞りを使って撮りたいものに焦点をあわせて背景との距離をつくる必要があるそうですが、なかなか普通のレンズだと難しいので、スーパーマクロを使って撮ってみるといいそうです。

カメラの選び方として、どんな写真が撮れるかで考えるのもひとつの方法だそうです。で、このカメラを使っている人がどんな写真を撮っているかというと・・・

http://www.flickr.com/cameras/canon/powershot_s5_is/

flickrの「Explore」→「Cmera Finder」 で、カメラでしぼって画像検索することができるそうです。全部、友人に教えていただきました。ありがたし

ちなみに今まで私が使っていたのは、Panasonic の Lumix FX35 で、同じカメラを使っている人の画像はこちら!

http://www.flickr.com/cameras/panasonic/dmc-fx35/

とても同じカメラとは思えません。

でも、写真を撮るのは楽しいです。オシャレな写真をたくさん撮りたい!
むかし、中学校の卒業式で友人カップルの写真を撮った結果、
テーマ 「空」
のひどい写真を撮ってしまいましたが、いまは撮った画像がその場で確認できて便利な世の中になったもんです。
センスは98%まで磨けると信じているので、がんばります。

20090918_img_4093

20090920_img_4221

20090920_img_4224_2

| | コメント (0)

秋のお花

なかなか参加できず、3ヵ月ぶりのフラワーアレンジメント。

秋のお花です。

今回のポイントは、いつもと違って同じような色や花でまとめてアレンジすること。そうすると、自然な感じになるそうです。

一番かわいかったのは、ピンクのナデシコでした♡

コスモスが茎が弱くて、短く切ってしまったのが失敗。長くして他の花にもたれかけさせるとよいそうです。花びらももろくて、ひとつダメにしてしまいました・・・かよわいお花みたいです。

Nec_0383_2

犬の散歩中にも秋の草花を見かけます。食欲の秋ですね。

20090920_img_4196

Img_4199_2

Img_4227

Img_4271_2   

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

東京都庭園美術館

東京都庭園美術館 2009年5月探訪

http://www.teien-art-museum.ne.jp/index.html

お天気のよい日に行ってきました。
今回は美術館ではなく、庭園へ。

「芝生公園」「日本庭園」「西洋庭園」があります。
ちょうど西洋庭園にバラが咲いていて、あったかくって、友達と二人でずっとしゃべってました。きもちいいー

友達が言っていて、確かに!って、思ったのですが、
西洋庭園に比べると、日本庭園は凝っています。小さな小川作っちゃったり、それに橋かけてみたり。。。物に語らせようとする感じとか、ほんと日本人っぽいって思いました。

美術館は、アール・デコで有名だそうなので、今度行ってみたいです。

§アール・デコとは§
アール・デコとは、1925年の4月から11月にかけてパリで開催された「現代装飾美術・産業美術国際博覧会(Exposition Internationale des Arts Decoratifs et Industriels modernes)」の略称を由来とする名称であり、1925年様式(LE STYLE 1925)ともいわれています。1910年代から30年代にかけてフランスを中心にヨーロッパを席巻した工芸・建築・絵画・ファッションなど全ての分野に波及した装飾様式の総称です。
日本では、ここ東京都庭園美術館の他に代表的なのは新宿伊勢丹だそうです。

1

2_2

3

4

5

| | コメント (0)

ママレード・ボーイ主題歌

ママレード・ボーイの主題歌で、ココログにYouTube動画埋め込み方法を勉強。

参考にさせていただいたページ。簡単にできました!ありがとうございます。

☆ http://kailasa-cosmic.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/youtube-2081.html

[ほんもの 主題歌]

http://www.youtube.com/watch?v=zzRQUSZb_a4&feature=related

[ケンコバ熱唱 主題歌]

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

Hara Museum ARC ○設計○磯崎新

Hara Museum ARC 2009年5月探訪

http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

ハラ・ミュージアム・アークは、東京にある原美術館の別館で、群馬県の伊香保グリーン牧場の中にあります。

みどりの中に黒く塗装した木で造られた低層な建物が転がっている感じの美術館です。

建物の外にもオブジェがあって、散策したら楽しそうです。
わたしが行った日はあいにくの雨でしたが。。。
雨だと移動は大変ですが、いろんな音を雨が吸収してくれるので、雨の日の美術館鑑賞も嫌いではありません。
頭痛持ちの友達は
「雨の日は辛い」
と、よく言っていてかわいそうですが、わたしは頭痛とは無縁なので雨の日は雨の日で落ち着いた気持ちになったりします。

ハラ・ミュージアム・アークは現代美術が展示してあるので、シュールな作品も多く、雨の日にマッチしていた気がします。

そして、併設しているカフェがすごく落ち着いててよいです。また行きたいです。

設計は、磯崎新です。磯崎新といえば「ママレード・ボーイ」☆

当時のりぼんでは、「ママレード・ボーイ」より「天使なんかじゃない」派でしたが、主人公光希ちゃんの彼氏、遊くんが建築家志望で、ガウディの話や磯崎新の話がちょいちょい出てきてて、なぜーかそれを妙に覚えています。マンガってすごい。

いま手元にマンガはないのに、二人の会話を思い出せます。

正確ではないですが、たしかこんな感じ。

ユウ「ごめんな。俺の興味あるところばっかりまわっちゃって。」

ミキ「うぅん、ユウが好きな磯崎新さんの建築が見れてうれしい!」

たしか、ふたりが兄弟かもしれない疑惑が勃発して(いま思うとすごい設定(笑))、それでも好きで、北九州に二人で旅行に行くという設定でした。ネットで調べてみたら、どうやら「北九州市立美術館」を見に行ってたみたいです。

Hara1 Hara2 Hara4 Hara3

| | コメント (2)

2009年9月 5日 (土)

東京国立博物館・法隆寺宝物館 ○設計○谷口吉生

東京国立博物館・法隆寺宝物館 2009年1月探訪

http://www.tnm.go.jp/jp/guide/map/horyujiHomotsukan.html

----------------------------------------------------------------
「美術空間散歩」著:青野尚子、シヲバラタク Eブックス より抜粋

日本人の美意識ではもともと、細かくて軽やかなものが粋である、とされていたのではなかったか。東京国立美術館法隆寺宝物館はそんな美意識を具現化した建築だ。
美術館は穏やかな水の盆の向こうに建つ。
・・・(中略)・・・
ディテールを見れば見るほど、徹底的に練られている建築。しかしそのたたずまいはあくまでもさりげなく、威圧的なところはかけらもない。もてなしの極意を感じさせる建築である。

----------------------------------------------------------------

すごくシンプルなんですが、品がある感じの建物です。一階の仏像展示は状態保存のため、ほの暗く近づいてみないとよく見えない感じですが、それもまた神聖な雰囲気を醸し出しています。規模は小さいですが、きちんとした気持になりたい時に行きたい場所です。

ちなみに、RIPSLYMEの「黄昏サラウンド」のロケ地でもあるそうです。

Photo Photo_2

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »