« いきいきとしたもの いきているようなもの 共生空間Psi | トップページ | ベネッセハウスミュージアム »

2009年8月19日 (水)

家プロジェクト @直島

家プロジェクト@直島 2008年9月訪探

http://www.naoshima-is.co.jp/

家プロジェクトは、直島の本村地区に常設されているアートプロジェクトです。いまは使われなくなった家を、その雰囲気を利用してアートにした作品たち。島の人々が案内をしてくれます。地に足がついている感じ。直島だからできたプロジェクトだと思います。

・「南寺」 ジェームズ・タレル

まっくら闇に招待され、だんだん目が慣れてきて暗闇から四角いほの暗い光が浮かび上がる作品。ほんとまっくらだったのに、目が慣れて普通に歩けるくらいになる。人間の感覚は不思議。

・「角屋」 宮島達男
お水の中に、光る数字が浮いている感じで、見ていて飽きなかった。

・「はいしゃ」 大竹伸朗
おもしろいおじさんが、写真を撮ってくれた。廃墟なんだけど、生きている感じ。

・「護王神社」 杉本博司
神社へのガラスの階段が、地下からずっとつながっていて、地下にも入れる作品。よくは解らなかったけど、メッセージ性を感じた。やっぱり神社っていう存在は厳粛な気分になる。

・「きんざ」 内藤礼
事前予約が必要だったため、入れず・・・こういうところ、しっかりしたい。

・「碁会所」 須田悦弘
椿がたたみの上に転がっていて、なんとなくエロイ感じ。がしたのは私だけ?

・「石橋」 千住博
石橋もさることながら、中の青い絵が印象的。

・本村ラウンジ・アーカイブ
ここで、家プロジェクトのチケットを買う。あとはポストカードなど購入☆

◆写真は「護王神社」と「はいしゃ」

Photo

Photo_4 

|

« いきいきとしたもの いきているようなもの 共生空間Psi | トップページ | ベネッセハウスミュージアム »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いきいきとしたもの いきているようなもの 共生空間Psi | トップページ | ベネッセハウスミュージアム »