« 地中海の文具島 | トップページ | 東京国立博物館・法隆寺宝物館 ○設計○谷口吉生 »

2009年8月28日 (金)

エジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館 2008年10月探訪

http://www.egyptianmuseum.gov.eg/

2008年10月13日~20日に、エジプトに行ってきました。はじめてのガッツリツアーで、得るものもあったし、この旅だからできなかったこともありました。なかなか過酷な旅でした。友人は途中でダウンしました。

まぁいろいろあったけど、ツアーだからこその醍醐味

「おもしろかった人々」

・ひとりで参加している人が多く、なかでもわたしと同じ名前のヨシエさん、推定70歳。ひとりでマチュピチュイグアスの滝にも行ったらしく、ご主人は日本で待機(海外嫌いらしい)その行動力にあっぱれ、明るく素敵な方でした。
・ボッタクられてもひたすら明るい夫婦。裕福なのでしょう、「そのバック使うの?!」「その靴そんなしないでしょー」っていう品々を買いあさりながらも、夫婦仲良く「お父さん、よかったわね」と、盛り上がる仲陸奥まじいご夫婦。
・ひとりで参加していた学生男子。しかも、旅行中に誕生日を迎えていてみんなで食事のときにお祝い。その夜、プールサイドでみんなでお酒を飲んでいた時に彼も通りかかったので、一緒に飲もうと誘ったらあっさり断られ、なにしに来たんじゃい!って感じでしたが、価値観はまぁ人それぞれ。
・ひとの話を聞かない、自由なおばさん。でも嫌な感じがしない。お得な方です。
・なぞな陶器、高級シルク絨毯を購入していた君島のおばさま。名前からしてセレブ。

などなど、おもしろい人がたくさんいました。

そんな最後に訪れたのが、エジプト考古学博物館。もう疲れきって、なかばフラフラで見学しましたが、とにかくすごいものがたくさん展示されていました。
なかでも、注目はツタンカーメンのマスクと、ミイラです。
ツタンカーメンのマスクは、まったく色が褪せてなくて当時の技術力の高さがうかがえます。
ミイラは・・・すごく保存状態がよく、リアルでした。王家の谷でツタンカーメンのミイラを見た時は、「お墓の中を見せていただいている」って感じでしたが、博物館でこうも展示されるとどうなんだろ・・・って、思ってしまいました。自分がミイラだったら嫌だな。

今回、遺跡を見た感動よりも、アフリカの地の魅力を感じました。なんか独特の生命力があります。今度はゆっくりアフリカ観光してみたいです。

Photo Photo_3

|

« 地中海の文具島 | トップページ | 東京国立博物館・法隆寺宝物館 ○設計○谷口吉生 »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地中海の文具島 | トップページ | 東京国立博物館・法隆寺宝物館 ○設計○谷口吉生 »