« 宇都宮美術館 ○設計○岡田新一 | トップページ | ワタリウム美術館 ○設計○マリオ・ボッタ »

2009年6月29日 (月)

埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館 2008年6月探訪

http://www.momas.jp/

Dvc00014 訪れた後の評価 /訪れる前のイメージ(100とする)×100=期待を裏切りパーセンテージ

とした場合(かなり適当な式です)、いままでで裏切りパーセンテージが一番高い美術館です。

埼玉県立近代美術館。

300パーセントくらいはいってるんじゃないでしょうか。ばかにしててごめんなさい。

何がすごいか。

まず、

1.コンセプトがしっかりしている

椅子の美術館。としてさまざまな椅子のコレクションをしています。椅子に着目しているところがなんかおしゃれ。

HP内には、こんなページも↓↓↓

http://www.momas.jp/002annai/momas-chair/2-1.htm

バルセロナチェアなんて、中田がCMで座って有名なやつですよね。調べてみたら、ミース・ファン・デル・ローエという建築家の作品で、バルセロナ万博の際に国王夫妻のために作られた椅子だそうです。うーん。歴史がある。

私が行ったときは、透明なアクリルの中に真っ赤なバラが入った椅子が展示してあって、かっこよかったです。

バルセロナといえば、ガウディの椅子なんかも私は好きなので、是非コレクションのひとつに(たぶん本物は無理だろうけど)入れてほしいな。

2.チケットが凝っている

チケットを集めると、「アートの塔」ができるようになってます。こんな小技もよいです。

3.市民に開かれている

私が行った日は、ちょうど県展かなんかやってたのもあるのですが、すごいにぎわい。絵についている、説明書きも分かりやすくて市民にやさしい感じです。こういうのが一番大切な気がする。

埼玉県立近代美術館。

これからも陰ながら応援します。

また、行きます。

|

« 宇都宮美術館 ○設計○岡田新一 | トップページ | ワタリウム美術館 ○設計○マリオ・ボッタ »

ヨシエの美術館探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇都宮美術館 ○設計○岡田新一 | トップページ | ワタリウム美術館 ○設計○マリオ・ボッタ »