« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

世田谷美術館 ○設計○内井昭蔵

世田谷美術館 2006年12月探訪

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/

310pxsetagaya_art_museum_2

世田谷の砧公園の中にある美術館。晴れの日の休日に訪れたい場所です。

わたしは、2006年12月に

「空間に生きる -日本のパブリックアート」展

を見に行きました。高校が、やたら彫刻がある学校で、こんなのにお金かけるなら違うことにお金を使ってくれ。と、思ってましたが・・・

大学のときに受けていた授業で、パブリックアートのレポートを書くことになり、さいたま新都心駅周辺のパブリックアートについて調べました。そしたら、それがすごくおもしろくって・・・☆子供たちの作品や、月のみちかけを現した地面、大きなアルミのトカゲなど、見ていて飽きませんでした。

「あっ!こんなところにも小技が!」

って感じで、調べていて面白かったです。以下、このさいたま新都心のプロジェクトについて詳細に書かれているページをみつけたので抜粋です。

美術の基礎問題 連載第21回(最終回) 著:村田真 より以下抜粋

http://www.dnp.co.jp/artscape/series/0203/murata.html

***********************************

2000年、さいたま新都心のアート計画のひとつとして、庁舎間をつなぐ700メートルもの長大なペデストリアンデッキ(歩行者用通路)上に、共生空間Psiによる「いきいきとしたもの いきているようなもの」が設置された。作品そのものは未見だが、カタログとビデオを見る限りパブリックアートとしての成り立ちがきわめて興味深いので、ここで触れておきたい。

共生空間Psiは、「ペデストリアンデッキ・アート計画」のコンペのために編成された5人のアーティスト(大塚聡、中瀬康志、光井清陽、諸泉茂、吉川陽一郎)によるチーム。彼らは子供たちと共同で作品をつくるという市民参加型のパブリックアートを提案し、採用された。そこで98年から2年近くをかけて関東1都6県の計8ヶ所をまわり、それぞれテーマに沿って不特定多数の小学生とともに作品を制作。最初はワークショップをおこないながら相互のコミュニケーションをはかり、コラボレーションによって作品を完成させた。

 彼らの方法論のユニークな点は、まず作品がアノニマス(無名性)であること。これは田甫の「注文の多い楽農店」にも当てはまることで、市民参加型の必然的な帰結ともいえるのだが、共生空間Psiの場合、作者自身も5人のチームを組むことによっていっそうアノニマス性が強化されている。これに関して、パブリックアートの研究者の竹田直樹はカタログのなかで次のように述べている。

「パブリックアートが本来保持しなければならない美とは、『奇跡のような類い希なる才能』が生み出す美ではなく、1個人の1個性を超越したアノニマスな美であることは確かである。それは、アルタミラの壁画のような古代遺跡やかつての高水準の宗教美術がもつ美と同種または類似する美の種類だと思う」

 もうひとつユニークなのは、完成された作品よりむしろ、制作過程におけるコミュニケーションとコラボレーションを重視していること。ここでは、作品を設置された「物体」としてしか見ない従来のパブリックアート観からの脱却が意図されている。彼ら自身、この試みを「既存の『パブリックアート』というものに対する問いかけ」ととらえ、「このプロジェクトで重要なのは成果としてのこれらの作品ではなく、その制作過程にあるのではないかと考えています」と述べている。

************************************

それ以後、おもしろパブリックアートを発見するとテンション上がります。

大学時代に部活でフィラデルフィアに遠征に行ったとき、1日だけの観光時にガイドさんが

「フィラデルフィアでは、州がある一定の金額をパブリックアートにあてることを決めている」

と、話していたのを妙に覚えてます。その時は興味があったわけではないのに、人間の記憶って不思議。

フィラデルフィアに、パブリックアート調査に行ってみたいものです!

パブリックアートのよいところは、芸術をみんなで共有できることだと思います。美術館だと行った人した出会えないものもあるので・・・

これからも面白いパブリックアートを探していきたいと思います♪

 

| | コメント (1)

ワタリウム美術館 ○設計○マリオ・ボッタ

ワタリウム美術館 2008年1月探訪

http://www.watarium.co.jp/index.html

TOP PAGE が公募らしく、おもしろいHP

250pxwatarium

「ル・コルビジェ、カルロ・スカルパ、ルイス・カーンの3人の巨匠に直接学んだというマリオ・ボッタ。その彼の日本で唯一の作品が<ワタリウム美術館>だ。」

~「美術空間散歩」 著:青野尚子/シヲバラタクより引用~

すんごく細いスペースに建ってる美術館です。間違いなく匠の技です。

わたしが行ったときは、「クマグスの森展 南方熊楠の見た夢」展をやっていました。

クマグスの世界と、この建物が妙にマッチしていたので驚きです。

私は、南方熊楠という人をここで初めて知ったのですが、とにかく幅広い天才、ということが分かりました。博物学者・生物学者、いろんな顔を持っていてなんでも「粘菌」の研究がすごく、さらには小さい頃から神童と呼ばれ、19ヶ国語を操っていたらしい。それでもって、昭和天皇に粘菌標本を進献し、天皇陛下から歌を詠んでもらったというなんともすごい人らしいです。。。さらには、エコロジーのさきがけと言われ、熊野古道の保全に全力を尽くし自然を守ったとか。現在にもこんなすごい人いないんじゃ・・・って思います。生で絡んでみたかったな。

展示は、植物の標本も数多くあって、クマグスの世界に引き込まれました。

非日常な体験ができました☆

| | コメント (0)

2009年6月29日 (月)

埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館 2008年6月探訪

http://www.momas.jp/

Dvc00014 訪れた後の評価 /訪れる前のイメージ(100とする)×100=期待を裏切りパーセンテージ

とした場合(かなり適当な式です)、いままでで裏切りパーセンテージが一番高い美術館です。

埼玉県立近代美術館。

300パーセントくらいはいってるんじゃないでしょうか。ばかにしててごめんなさい。

何がすごいか。

まず、

1.コンセプトがしっかりしている

椅子の美術館。としてさまざまな椅子のコレクションをしています。椅子に着目しているところがなんかおしゃれ。

HP内には、こんなページも↓↓↓

http://www.momas.jp/002annai/momas-chair/2-1.htm

バルセロナチェアなんて、中田がCMで座って有名なやつですよね。調べてみたら、ミース・ファン・デル・ローエという建築家の作品で、バルセロナ万博の際に国王夫妻のために作られた椅子だそうです。うーん。歴史がある。

私が行ったときは、透明なアクリルの中に真っ赤なバラが入った椅子が展示してあって、かっこよかったです。

バルセロナといえば、ガウディの椅子なんかも私は好きなので、是非コレクションのひとつに(たぶん本物は無理だろうけど)入れてほしいな。

2.チケットが凝っている

チケットを集めると、「アートの塔」ができるようになってます。こんな小技もよいです。

3.市民に開かれている

私が行った日は、ちょうど県展かなんかやってたのもあるのですが、すごいにぎわい。絵についている、説明書きも分かりやすくて市民にやさしい感じです。こういうのが一番大切な気がする。

埼玉県立近代美術館。

これからも陰ながら応援します。

また、行きます。

| | コメント (0)

2009年6月28日 (日)

宇都宮美術館 ○設計○岡田新一

宇都宮美術館 2008年4月探訪

http://u-moa.jp/jp/index.html

80_2 突然思い立ち、行ってみた「宇都宮美術館」無計画がゆえに、企画展がやってませんでした・・・

相変わらずツメが甘い。

300円で常設展を鑑賞。

これが意外とよかった。

シャガールやポスターなどおもしろい作品がいっぱいありました。

なかでも、米陀寛「遠野」という作品が、昔見た絵本の挿絵みたいにキレイで素敵でした。なんか、「てぶくろを買いに」のような世界です。わたし、この絵本の絵が大好きなんです。

この美術館、石で造られていることで有名なので、外壁やらフラフラ観察。美術館自体も森の中にあって、気持ちよく散策。そうこうしているうちに、こんなおしゃれな彫刻も☆

ハートが金色なところが、特別な感じがして好きです。訪れた日は日曜だったので、家族の姿もちらほら。こういう美術館と公園が共存する場所はよいです。

最後に、せっかく宇都宮に来たので、餃子のみんみんを食べました。むかし、正嗣という餃子やさんも行ったことあるのですが。。。

わたしは、王将の餃子が一番好きです!!!

画像は餃子像。なんでも、運ぶ際に割れてしまったけど、その後復活したとか。

よかった、よかった。

Dvc00052Dvc00049_2

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

はじめの一歩

これは記念すべき、フラワーアレンジメント第1回目作品♪

お正月のアレンジ。

フォルダをがさごそしてたら画像見つけました☆

このときは、花を短く切りすぎて先生に

「あら~だめね」

って言われたな。なつかしいな。

Nec_0329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹の森 ジブリ美術館

Photo http://www.ghibli-museum.jp/

2006年5月21日探訪

あのち~へいせん♪

シータみたいに是非だっこされたかったですが、ロボット兵に会えただけで感激でした。わたしが一番感動したのは、はじまりの部屋?とかいう部屋で、絵がクルクルまわって映像になる展示です。詳細書けなくて申し訳ないんですが、とにかく絵が映像になる瞬間を目撃できてすごいんです。また見たいな。

シュール・後悔とかも作品として好きですが、一方でこういうジブリ作品もいいです。愛・夢・希望、、、みたいな。

心が洗われますね。

ネコバス乗りたかったけど、子供しか乗れませんでしたー

大人用作ってくださ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこにゃんとの戦い

戦った結果、負けてました(笑)

うちのワンコはかなりのうち弁慶です。飼い主に似たのか

それにしても猫って強い。このにゃんこだけじゃなくて、散歩中に出会うにゃんこはみんな逃げずに威嚇してきます。シャーって。

それを激写しまくるわたし。。。不審者ですね

20081231_p1000410 20081231_p1000413

20081231_p1000418 20090101_p1000419

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

ジャングル★

夏のアレンジです。涼しさを出すために、水色のゼリーを使ってます。

こういうジャンングル系も青々しててよいですね

062_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいお花(笑)

お花って、感じのかわいい花たち。

この時のテーマ、忘れてしまった。ごめんなさい。先生。それにしても毎回毎回先生は手をかえ品を変え教えてくれます。すごいなぁ

200902191946000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度目の登場

二度目の登場ですが、これがいまのところ一番のお気に入り(*^_^*)

写真が違うので再掲載♪

20090416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

器を楽しむ

器によって、花の楽しみ方がかわります。たとえば、このバスケットはカジュアルでかわいい雰囲気をかもしだしてます。

水仙の黄色もキレイです。

200903191915000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

秋のお花

ついでなので、過去のフラワーアレンジメント作品を一気に記録!

これは秋のお花。草花って、赤い色もいろんな赤い色があって奥が深いです。

京都に旅行に行った時に、タクシーの運転手さんが、紅葉の赤より、緑色の方が何十倍も色の種類があって、僕は5月の京都が一番好きだなぁって言ってました。

20081120_p1000111_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボンボンブーケ

今日は、フラワーアレンジメントでブーケを作りました(*^_^*)

先生が持ち方を教えてくれて、独身OL達は興味津々でした(笑)

ブーケの作り方には

・ナチュラルステム

・ブーケホルダー

・ワイヤリング

があるそうですが、今回は「ブーケホルダー」です★

もとはこれ↓。これに、半球体にお花をさしていきます。丸く差すのはほんとに難しかった。。。

200906181902000

200906182020000

200906182018001_3

できた作品がこちら♪

白いガーベラのが、先輩。まとまってます。白いガーベラは自分では選ばないけど(色好きなので)かわいかったです。わたしの作品は、ピンクのガーベラ!ガーベラを上にも持ってきた方がバランスよかったかな。もうちょい改善の余地ありです。作ってみて。。。結婚式場で、ブーケ作る人はプロだなぁって思いました。

ついでに、過去の作品。こちらは、たしか・・・早春のお花。ガーベラはすぐ茎がくたってしちゃって、アレンジ難しいけど、赤いのはインパクトありますね。

20090117_p1000686_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

STABILO

http://www.stabilo.jp/about.html

7024_2

5371873_o1_2

STABILOは、世界で初めて蛍光ペンを開発したそうです。なんでも世界初ってすごい。

特に、私はウニを最初に食べた人が本当にすごいって思ってます。ありがとう。ウニ大好きです。

STABILOはコロっとした形と、お菓子みたいな色が好きです。

私が愛用しているのは、上の画像の黄色蛍光ペンMINIバージョン(さらにコロっとしててかわいい)と、下の画像のピンク蛍光ペンです。

暇な打ち合わせとか、この蛍光ペン見てると癒されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Laufer

764862 消しゴムは今のとこの、この「Laufer  PLAST-0140」が一番好きです。

まず、ビジュアル。赤と青と白のさわやかな色合いが好き。ちなみに、消しゴム本体にも同じプリントがされています。

次に、透明な消しゴムで、消しくずがまとまりやすく、ゴミが少ないです。

最後に、佐川急便に似たマークがかわいい。

これもドイツ製。ドイツかっちょいいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平等院ミュージアム 鳳翔館 ○設計○栗生明

平等院ミュージアム 鳳翔館  2005年11月、2009年2月探訪

http://www.byodoin.or.jp/tanbou-in-muesium.html

000007

私のお気に入りポイントは、展示品に対する光の使い方です。仏像達が、光の加減で神秘的に空を飛んでいるように見えます。なんか別世界です。極楽浄土?!

10円玉のモチーフにもなっている、平等院鳳凰堂。極楽浄土をイメージして作られたそうです。宇治は、京都市内から少し電車に乗るのですが、私は雰囲気が大好きで京都に行ったら足を伸ばします。

20090217_p1000859_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAEDTLER

STAEDTLER  http://www.staedtler.co.jp/new_products/index.html 200905291836000_2

200906132345000_2

STAEDTLERはドイツの老舗文房具メーカーです。

会社では、アバンギャルド アーバンブルー にお世話になってます。わたしの机の上は基本カオスなので、とっさに上司に呼び出された時には、このペンと手帳持っていけばなんとかなります。

青い色も好きだし、なめらかなBODYもお気に入りです。

あぁドイツに行って、文房具を買い占めたい。。。

がんぱって働くぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

金沢21世紀美術館 ○設計○妹尾和世+西沢立衛/SANAA

金沢21世紀美術館 2007年1月探訪

http://www.kanazawa21.jp/index.php

Photo_3 Photo_4                              

噂の金沢21世紀美術館。どうしても行ってみたくて、新年会の後に深夜バスに乗り込み、次の日にまた深夜バスで帰ってくるという強行スケジュールで行ってきました。0泊2日?

深夜バスなので、7時すぎには金沢駅西口に到着。

スタバで時間をつぶし、9時から兼六園へ。そこでひどすぎることに。。。"ひょう"が!!!

なんで一人旅の女の上に降らすんですかね。しかも極寒の北陸の地

ひょうはやんだものの、あまりの寒さにふらふらになりながら、10時に金沢21世紀美術館へ到着。見えた時はなんか泣きそうになりました。いろんな意味で

わたしが行ったときは

「リアル・ユートピア ~無限の物語」

をやってました。

最初に入った部屋で、イ・ブルの「出現」という作品が真っ白の大きな部屋にぶらさがっていて衝撃。。。寒さを忘れて一気にテンションあがりました♪

その後、草間彌生、岸本清子、木村太陽・・・次々におもしろい作品がありました。たまにシュールな作品もありましたが、みんな刺激的でおもしろい作品でした。

美術館の中も小技が効いてておもしろかったです。

たとえば、女子トイレにメッセージが現れて色が変わる泉?(正式名称なんなんだろ)があったり、真っ白の壁の右はじに青いデジタル時計があったり、ピシっと椅子が並べてあったり、ライブラリーの椅子もかわいかったし、有名どころでいえばプールの底にいるみたいな体験型展示があったり。。。。

ここで気づいた人は、すごい美術通。そうです。わたし、空がきれいに見える展示を見忘れました。しゅん。かなり有名だよね。あまりの寒さでやっぱり神経が少しやられてたんだと思います。。。次行ったときは絶対見ます!

そんな楽しんだ美術館ですが、4時間もいればやることなくなってきて(4時間もいたのになんで見逃したのかは悔やまれる)、金沢の町に繰り出しました。

香林坊、梅ノ橋、ひがし茶屋街。。。。

ここで完全に私の体が悲鳴をあげました。寒い、寒い、寒すぎる。。。。いままでの人生で1、2を争う生命の危機を感じ、このままじゃ凍傷だ!(実際しない)と、思っていたら「東湯」という銭湯が目の前に!!!!

神が舞い降りたと思いましたね。髪の毛しばるゴムも、体ふくタオルも、洗顔も何ひとつ持っていなかったけれど、迷わず飛び込み

「しあわせ~」

と、なりました。本当にありがとうございました。東湯さん。

そのあとは、武家屋敷みたりして、また金沢駅から深夜バスで新宿にもどりました。

美術は楽しんだけど、食は貧しい旅でした。金沢はもっとお魚おいしいだろうし、ホントはきっと生命の危機を感じず楽しめる場所なんだと思います。

それにしても、富士登山よりも辛かった。

一人旅は好きですが、今度行くときは誰かと一緒がいい。と、思った金沢旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOGA と フラワーアレンジメント

2年半前から、地元のジムにちょいちょい通ってます。そこで一番はまったのは、YOGA☆

当初は青梅マラソンに参加するんで、通い始めたのですが、私はふくらはぎがりりしくなりやすくて(走り方が悪いと思われる)、走っても理想は体には近づけない。と、気づきました。

そこから、力を入れたのがYOGAとピラティスです。

ジムのYOGAなので、1年ごとくらいに先生がかわっちゃったり、曜日ごとに先生が変わります。好きな先生が異動になってしまうのは悲しいけど、いろんな人のYOGAが学べて楽しいです。いま瞬間、顔が浮かぶ先生だけで、9人の顔が浮かびます。

ほんと人それぞれで、ひたすら太陽礼拝(ポーズの名前)をやる先生や、なぜか英語でずっとYOGAを進める先生(この先生、おじさん達が、「あいつ何言ってるかわかんね!」と、バッシングを受けていた)、目のトレーニングを入れる先生(YOGAかは不明)、やたらイケ面の先生(ドキドキして心穏やかにできません。。。)、自分の体に「ありがとう」と言いなさい、と、ひたすら諭す先生、呼吸に全集中力を傾ける先生。。。

そして、だいたい最後に脱力のポーズをやるのだけど(仰向けになって寝る。力抜くポーズ)、この時先生たちはスタジオの電気を消すんです!すると。。。私はすこぶる寝つきがよいので、すぐ寝ちゃって、みんなが起きるガサガサって音で

「はっ!」

ってなって起きていつも恥ずかしいです・・・どうにかしたいんだけど、寝ちゃうんですよね

でもYOGAは自分に集中できるし、新鮮な空気いっぱい吸えるので楽しいです。

20081218_p1000251

季節はずれのリース☆★☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »