« 静岡県立美術館 | トップページ | YOGA と フラワーアレンジメント »

2009年5月31日 (日)

嫌われ松子の一生

「嫌われ松子の一生」は、2005年下期~2006年上期 において、私の中の、一番の大ヒット作品です。本も映画も。

なぜ今になって書くかといいますと。。。犬を飼い始めてから、散歩中に地元の自然を意識するようになり(田舎なのでみどりにあふれてます)、さらには東急グループのつじあやのの曲が流れる街のCM

http://www.youtube.com/watch?v=tHpuIEGFN9Y

がやけに胸にしみる。。。歳を重ねたからでしょうか、間違いなくそうです。小学生見ると、「みんな元気にそだってください」って思っちゃう自分。

自分が育った街。きっと歳を重ねるごとに大切になってくるもの。

わたしは、嫌われ松子の一生は「生まれ故郷の風景」が印象的です。

いろいろな不運が重なって、生まれ故郷を去る松子。紆余曲折の先に行きついたのは、生まれ故郷の筑後川と似ている荒川が見えるアパート。

映画では、最後の方に若かりし頃の松子と筑後川の映像が流れます。その映像がキラキラしてて美しいんです。映画は、中島哲也が監督です。下妻物語も大好きです。

そして当時は意識してなかったけど、松子の甥がいま私が一番大好きな「瑛太」なんです。もう一回見よっと。

映画はいろんな人が出てて、はしょるところはミュージカル調ではしょっておもしろいです。

松子はただただ愛されたかっただけなのです。

でも、思うんです。

松子は自分が思ってるほど愛されていないわけじゃなくて、実はみんなに愛されてたんです。

いくえみ綾の「わたしがいてもいなくても」も、私的に同じような話です。おもしろいです。

Photo Photo_2

わたしの地元の景色

|

« 静岡県立美術館 | トップページ | YOGA と フラワーアレンジメント »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

そういえば瑛太出てたよね!
昔観た作品で「そういえば瑛太出てたな」ってことが最近よくあるよ…。

いきなり一瞬だけ山田花ちゃん出てきたり、映像も凝ってて面白かった記憶があります。

私も歳をとるにつれて、小さい頃に見た風景を思い出して、似たような情景に会うとすごく切なくなったりする。生まれ育った街も中途半端な田舎で嫌だったけど、今は逆に好きだったり…。
私ももう一度松子見ようかな。

投稿: きむたん | 2009年6月 2日 (火) 12時00分

あそびにきました〜。
コンスタントに書いててエライだすね。
嫌われ松子、本はよんだけど映画はみてません…。
映画みてみようと思います!!
確か柴咲コウちゃんも出てるんだよね♪

投稿: ぽにょ | 2009年6月 3日 (水) 22時10分

きむたん>
山田はなちゃんが出てたの思い出せなくて、調べてみたら「女囚D」だって(笑)
また見るっきゃない!
誰も気づいてないと思うんだけど、岡野(劇団ひとり)の奥さんが本では名前が出てこないのに、映画だと名前があって「芳江」。。。しかも、演じているのはオアシズの大久保さん。松子が「この女なら勝てる!」と、思った相手です。ははは

ぽにょ>
書き込みありがとう(*^_^*)
そうだよ、ぽにょが好きなコウちゃん出てるよ。ちょっとしか出てないけど、瑛太の彼女だよ。うらやましい

投稿: ヨシエ | 2009年6月 4日 (木) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218790/29884760

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

« 静岡県立美術館 | トップページ | YOGA と フラワーアレンジメント »